I still love with you

好きなものを好きなだけ

Sexy Zone XYZ=repainting tour 2018 備忘録④

備忘録第4弾

 

○Jrコーナー

付いてくれてるJrくんたちの紹介コーナー。

これがカッコいいんだなぁ。レーザーバンバンで、振り付けに合わせてレーザーが動く。これをせくぞちゃんにやって欲しさしかなかった(頭抱え)

 

〜Please turn off your light〜

AI Mariの声でアナウンスが入る。初見の時、何が始まるか分からないワクワクがすごい楽しかった。

会場が真っ暗闇に包まれ、暗闇のなかセンステの階段を登ってくる5人の影…

 

<fantasy〜1秒の奇跡〜>

イントロが流れ出すと、そこには真っ暗闇の中、光の柱(健人くん発信のレーザーカーテン)に囲まれた5人。度肝を抜かれたとともに鳥肌が止まらなかった。

本来、会場の照明、観客が持つペンライトによって照らされるべきアイドルが、真っ暗闇の中光の柱だけに照らされてる空間は幻想的で、異空間だった。暗闇に包まれるSexy zoneが美しいとすら思った。

 

初めてこの曲をアルバムで聞いた時、きっとこの曲はレーザーバンバンでみんなでペンライトを振りまくってジャンプするんだろうなー楽しい最高くらいにしか思ってなかったんだけど、想像を遥かに超える演出だった。

これまで多くのジャニーズの現場に足を運んできたけど、ペンライトが一切付いておらず、照明すらほとんど消えていてレーザーで出来た光の柱だけが唯一照らしてる、こんな暗闇の状態見たことがなかった。アイドルは顔が命、観客に見えるべきものであるのに対し、この演出はスクリーンも消えてるからみんながセンステを見るしかないし、はっきりとした表情は上の方からは見えない。顔や表情を売りにしたSexy zoneが新たな挑戦に、勝負に出た瞬間だと思った。

今回見どころの1つに、「SexyリフターZ(健人くん命名)」なるものが登場するんだけど、このリフター、この最終局面のこの曲でようやくお目見えする。動かすのも導入するのも絶対大変だろうにこの最終局面で登場されるSexy zoneの挑む精神とその精神に付いてきてくれた大人に頭が上がらない。しかもこの装置、ドームクラスの装置らしい(某雑誌情報)。そんな装置を思いついて取り入れたいって思うせくぞちゃんの発想力とアリーナクラスにも関わらずその発想を取り入れた大人達。何度も言うけどSexy zoneって売れない理由がない。

 

話が逸れまくったので戻ります。

無機質な、でもどこか温かみのあるイントロの中、会場内は真っ暗闇で、その中にそびえ立つレーザーカーテンの中に立ちすくむ5人。

健人くんの「1秒のどんなタイミングも 違ってたら僕ら出会っていないかも」でメンバー一人一人を指さしていた。もう泣ける。私だってタイミングが違ければSexy zoneには出会っていなかったかもしれない。

 

あの4分ちょっとの時間全てが幻想的でその中で輝いていて、眩しかった。

サビで、Sexy zoneの纏うジャケットの内側に付けられたライト(?)で客席を照らし(テラスって言ってもキンブレ並みの光量)、踊る演出があるんだけど、Sexy zoneって普段私たちの持つペンライトで照らされてる、輝いてるってイメージだったんだけど。(もちろん照明ありきの話。)この曲ではSexy zoneが私たち観客、ファンを照らしてくれてる。照らされる側の彼らが、私たちファンを導くように照らしてくれてる。その世界観が本当に素敵で、Sexy zoneなら何処へでも連れていってくれるような、あの瞬間そんな大げさな幻想を描いた。

 

間奏では謎に迫り出すライトを足で踏んで動かす(?)謎演出があったんだけどあの演出の真意は謎of謎。

 

最後のサビでせくぞちゃんがレーザーカーテンの出てきて「ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!」って煽ってくれるんだけど、私あの瞬間がとっても大好きで。大阪公演は上の方で暗かったってのもあって、「せくぞちゃん煽ってんのに誰もペンラ振らなくない」って思ったのと同時に、あの真っ暗闇の中ペンラぶんぶん振ってる自分も、煽ってるせくぞちゃんもむちゃくちシュールで笑ってたんだけど、オーラス見たら会場みんなが光の灯ってないペンラぶんぶん振っててシュールすぎるを超えて感動して。いい表すの難しいけど、あーいう空間ってむちゃくちゃ素敵だなぁなんて思って。

 

終奏でせくぞちゃんはレーザーカーテンの中に戻って行くんだけど、ここからは私の憶測でしかないけど、レーザーカーテンの中にいるSexy zoneは手の届かない光に囲まれた、でも常に進むべき道と私達を照らし続けてくれていて、レーザーカーテンの外に出てきたSexy zoneは私たちの近くで寄り添い一緒に進み、一緒に楽しんでくれる。上手く言えないけど、そんな手の届きそうで届かないけど近くに居てくれる。そんな存在であることをこの曲で表現してくれたのかななんて考えてる。

 

~Please turn on white light〜

<Silver Moon>

ここに来てのシルムン!!!!!

Mariのアナウンスにより会場のペンライトがチラホラと白く点滅する。それはまるで満天の星空のように煌めく。オーラスに向かうにつれて、fantasyが終わるとペンラを白にするとわかってるオタクしかいないからMariのアナウンスを聞く前にみんながペンライトをつけ始めるから、徐々にペンライトがついていく様は異様に綺麗だった。真っ白な空間が広がる会場で、みんなが持つ真っ白なペンライトに照らされる5人。

シルムンと言えば、昨年のツアーのオーラスのダブルアンコールで披露された印象が強い。あの時の多幸感とツアーが終わってしまうことの悲しみの中オタクの背中を押してくれたシルムンはとても温かかった。

 

そんな思い出の詰まったシルムンを、会場が作り出す真っ白な会場の中で、会場の視線を一心に集めて歌うSexy zoneは輝いていた。

しかも振り付けは初期のものを踊ってくれた嬉しさたるや。みんなでシルバァムーンするの私は大好きです。

 

CメロからせくぞちゃんがセクシーリフターZを登ったり降りたりフリーの時間があるんだけど、リフターのテッペンに立つマリウスちゃん天下支配してた(個人的見解)

 

 

ここでせくぞちゃんからの挨拶が入る。(この流れ昨年に引き続きあらしおじさんオマージュがすごい)

昨年みたいに一人一人毎回違う挨拶をするんじゃなくて、言うなればセリフみたいな毎回決まった挨拶。マリちゃんは「なぜなら、冒険をしないと挑戦できないからです」って言う挨拶めちゃくちゃ覚えてる。

締めはしょりくん。初日、「忘れたくない色がある、それは、青色。フィルター越しに見た青い空」みたいなこと言い出して、なんのこっちゃ??????ってなったんだけど、オタク脳だから青色守りたいの???え、健人くん???ってなったんだけど、青色=ファンの笑顔ってことらしくて、いや全然分からなかったごめん(爆)

 

<フィルター越しに見た青い空>

はい綺麗、せくしーぞーんが綺麗。

音数が少ないからむちゃくちゃ綺麗なせくしーぞーんの歌声堪能タイム。マリちゃんの歌声は言わずもがな綺麗。マリウス担ならみんな感じてるだろうけど、「僕の街から飛行機雲が見えた」と「stay together」は国宝だと思ってる(大げさ)表現豊かなマリちゃん、曲に合わせてステージでしゃがんでみたり、手を伸ばしてみたり儚さ最高。

聡ちゃんが音外さないように手で音程取ってて可愛さ感じた。

 

この曲、噂の青色テープブッシャー事件のアレなんなんですけど(??????)青いテープはむちゃくちゃいい働きしてくれてるんだけど、めちゃくちゃいい曲なのにブッシャー音が大きすぎてもはやいい効果音と化する。大サビで、1番いいところでブッシャーって青色テープ振らせてくれるせくしーぞーん天才(むちゃくちゃ褒めてる)今でもエアーでブッシャーって音聞こえてくる、そして、大量に降らせる。これでもかってくらい降らせる。やりすぎ感がまさにせくしーぞーんじゃない?(?????)センステ付近入って青テープに刺されたかった。久しぶりにテープで視界不良になったのむちゃくちゃ楽しすぎた。

 

 

曲が終わるとフィルター越しのBGMが流れ、せくしーぞーんは花道を歩き、メンステへ戻っていく。

すると、階段を登った先に「XYZのモニュメント」が現れる。今回のツアーのタイトルでもあるrepainting、モニュメントを各会場各公演で1人ずつ色を加え、repaintingするって言うめちゃくちゃエモエモ粋な演出してくれる。(天才)まぁ基本マリちゃんしか見てないけど、身長の高さを活かしてほとんど上の方を塗るんだけど、時たましゃがんで下に塗ってる姿可愛いかった。マリちゃんは脚立使わないんだけど、他のメンバーはモニュメントの後から脚立を取り出して塗ってる姿ちょっと可愛かった。

ペイントするとせくしーぞーんは捌けていく。居なくなるとまたMariのアナウンスが入る(内容忘れたごめん)みんなもそのままの色を大切に、repaintingしていこうみたいな話だったと思う。その後流れるリハーサルのメイキング的な映像、これ記憶だとSTAGEから始まってる気がする(ウェルセクからだったらごめん)んだけど、これ定期化して欲しい~~~~!!Sexy Zoneと言えばこれみたいなのになって欲しさある。メイキングで流れるせくしーぞーんちゃんがかわいい。こういうリハーサルがあっての今回のツアーなんだなぁって思えるこの映像大切最高。

 

 

〇アンコール

<君にHITOMEBORE>

ジャジャッジャジャッジャジャッジャーみたいなイントロ流れた瞬間、ハッ!ってなった。ここで、この流れでひとめぼれ~~~~!!!!

これって3人曲じゃん?この曲ってどちらかと言うとせく鬱()期の曲だから、避けてた人は避けてるし、好きじゃない人は結構いると思うの。けど、このrepaintingツアーで、アンコール1曲目に持ってくるこの挑戦がすごい、すごいよSexy Zone……………

某媒体で健人くんが語ってくれてたんだけど、この曲はぜひやりたかったってすごい推したって、自分のパートを聡マリに当てたことで生まれ変わったって。そういう全員とは言わないけどセクゾふぁんが疎遠しがちな曲をあえてrepaintingして生まれ変わらせてくれる健人くんって最高だなって、こういうところがSexy Zoneに売れてほしいって思う一因なのです。

 

香水首に付ける振りとか最高だよね!!!!健人くんの「好きなんだよマジで!」は各会場でアレンジされてたのよかったけど、でもやっぱりご本家の好きなんだよマジで!が聴けると無条件に湧けるありがとう(拝)

 

<Sexy Zone>

ここに来てSexy Zoneは激アツ~~~~!!!

去年はガッツリ5人横1列でシンプルにダンスしてくれたけど、今年は右往左往。たぶんここも翔潤先輩がアドバイスしてくれてる。それまで本当に右往左往してて、サビも特に何か揃えるわけでもなく、散り散りになって踊ってて。まぁ確かに物足りなさあったけど、それはそれでって感じだったんだけど、翔潤先輩のおかけで、サビはバクステからメンステに続く花道に縦1列になって、ちゃんと踊ってくれて。流石だなぁーって、さすがちゃんとデビュー曲を大切に、A・RA・SHIを大切にしてきたあらし先輩だからこそのアドバイスだなと思いました。

そのおかげでSexy Zoneが格段に良くなった。久しぶりにSexy Zoneコールもして、これこれこれ!!!Sexy Zoneエモいよーーー!って叫びたくなるくらいよかった。

 

最後はみんなで

セクゾ<we are~~~~~

ヲタク<せくしーぞぉーん~~~~~~~

\(銀テ)パァーーーーン/

って流れ、何度も言うけどライブの醍醐味であり、私が1番ライブで大好きなシーンです。

(銀テのくだりここじゃなかったらごめんなさい)

 

〇ダブルアンコール(オーラスのみ)

<最後の笑顔>

オーラスのみ出てきてくれました。一人一人挨拶してた(と思う)(記憶が曖昧)

最後に相応しい曲があるよね???、?てきな煽りをせくぞちゃんがするもんだから、「もしやこの煽りからのまさかのドゥバイ芸するか???トンチキせくぞちゃんならありえるか………」なんて脳裏によぎったの許してください(????.)

イントロ流れて、あーーーアルバム曲そう言えば残ってた!!!ってなった件もごめん()

曲的にはステージ右往左往してって感じ。マリちゃんはスタトロに行く階段をちゃんと上まで登ってくれるから本当に優しい子(泣いてる)

 

曲が歌い終わって、最後オーラスって言うのも付加してテンションの上がりまくったSexy Zoneがもう1回\Sexy Zone/しようって言い出して、頭おかしいスイッチ入っちゃって、会場みんなで手をつなごうって言い出したのめちゃくちゃ笑った(爆)(褒めてる)

オタクが「え、え〜………」みたいな戸惑いと軽い拒否したけど、「みんな繋いでよ!」みたいな青春しようよ!的な半強制感出されたので、渋々手を繋ぐオタク達もめちゃくちゃ笑った。テンションの上がりまくったSexy Zoneとそのテンションについていききれてないオタクの差がめちゃくちゃ面白かったけど、いざ\Sexy Zone/したら、「せくしーぞぉーーーーーーーーーーんふぅーーーーーーーー⤴︎⤴︎」みたいな、全然声が途絶えなくて、それにさらにテンション上がったSexy Zoneスクラム組んで「ホォイホォイホォイ」って5人で回り出して、もうそれがエモいofエモい最&高すぎて多幸感が凄かった。

あんなに、5人でいることが楽しいって思ってる瞬間だったりSexy Zoneとしての青春の1ページを見れたことや、5周年を終えて新しいSexy Zoneを歩き始めた今回のツアーを終えた達成感を表現する瞬間だったりを一緒に共有できて、目の当たりにした瞬間のオタクをSexy Zoneがひとつになったあの感じ、とっても素敵だった。なんだかんだせくぞちゃんが1番Sexy Zoneを大好きなんだよなって、私そういう自分たちのグループを愛してるグループが大好きだから、もう全部が最高でした。

 

 

 

これにてrepaintingツアーが終演した訳ですが。

正直今回のツアーめちゃくちゃ楽しかったしエモかったしSexy Zoneの成長を喜ばずにはいられなかったから第3弾くらいまではオーラス終わってから1ヶ月くらいで記憶が鮮明なうちにスラスラ書き終えてたんだけど、なんせ6月はuntitledのDVD発売やワクワク学校の開校、その上ブラックペアンの渡海先生がかっこよすぎて第4弾を後回しにした結果執筆のスピードが格段に落ちた(爆)ごめん、これも全部二宮くんのせいってことでごめんマリちゃん()()

 

話は逸れたけど、何はともあれ最高のツアーだった。最初も言ったと思うけど、正直昨年のSTAGEツアーは私のジャニオタ史上1番とは言わないかもしれないけど、最高のツアーだったから、今年のツアーはアレを越えられると思ってなかったんだけど。全然軽々と越えてきた。去年は表現できなかった今のSexy Zoneの魅力を最大限に引き出して、表現した最高のツアーだった。

いまでも天井に入っても楽しいのは嵐だけだと思ってるし、Sexy Zoneはまだファンサして欲しいって思うけど、それでも今回天井席入ったけど、割と天井でも楽しいと思えることが多かった、というか、ちゃんと上まで配慮した構成になってたと思う。そういうのって大事だよーーー!!

あと、今回やっぱりあらし先輩の助言が大きかった。どこまでが嵐の助言であったかはおくそくでしか言えないけど、でも、あの変化によって生まれ変わった、いやrepaintingされた公演は確かに上へ上へと目指すSexy Zoneの志を表すに相応しい変化だったと思う。O.N.Eでも話したと思うけど、あそこまでの変化をさせる助言をする翔潤も、その助言を次の公演までに成立させるSexy Zoneもどちらもすごい。

あともうひとつ、今回のツアーいろんな人が言ってると思うどやっぱり回を重ねる毎にファンと一緒に作り上げた感が凄かった。オレピだって、ぎゅっとだって、fantasyだって。その他にも色々あるけど、ファンと作り上げるってファンとしてはとっても嬉しいことであって。そういうことがSexy Zoneにできるようになったって大きな成長であり、進歩であり、収穫だと思う。

きっと今回のツアーを経て、また一回り大きくなったSexy Zoneはきっともっともっと強くなったし、より売れる準備はできたと思う。

ここからはもう飛躍しかない。

売れようSexy ZoneSexy Zoneの飛躍は始まったばかりだよ。

 

Sexy Zone XYZ=repainting tour 2018 備忘録③

備忘録第3弾(長すぎて自分でびびってる)

 

~I found Green~

<名脇役>

来た!!!!!名曲もいいところ!!!!超超名曲!!!!!

なんでこの曲がグリーンゾーンだったのか未だ謎。私初日入ってないから風の噂程度にしか知らないんだけどグリーンゾーンが1番セトリ変更の影響を受けたらしくこの1曲のみ、なので謎も謎。

がしかし、曲が言わずと知れた名曲なので何でもいい(結局)

 

ステージ上手の上にピアノ席に座り、健人くんのピアノ演奏付きのこの曲。何もかもがオイシい。健人くんのピアノ席の真下に入った時、7割のファンが双眼鏡で健人くん見てて、それがあまりにもシュールで笑った(爆)

 

この曲、演奏の音数が少ないからSexy zoneちゃんの綺麗な歌声が存分に楽しむことが出来る、最高。

マリちゃんはソロ終わって、しょりくんが歌い終わったら出番だから、息を切らせてるけど、それがバレないように丁寧に歌ってる姿が見られる最高の特典。「そりゃdejavuであんな足さばきしたら息きれちゃうよね(><)でもお着替え頑張ったね(><)お歌も上手いよ(><)」ってモンペ発動させてる(割と毎回)

 

大阪お誕生日公演で歌詞を間違えたマリウスちゃん珍しすぎた上にあのしっとり曲の中風磨は爆笑するし、聡ちゃんは急に「お誕生日おめでとう」とか謎のフォローするしとっ散らかりゾーン最高かよ(頭抱える)

 

そして栄えあるマリソロNO.1に輝いた(Twitterでの非公式アンケート)♪君の友達ランキングだったら~が毎回毎回好きすぎてペン振るの忘れた………儚げに、切なく歌う姿が本当に妖艶であんな表現出来るなんて、歌い方の幅を広げたマリちゃん強すぎる。

マリちゃんは友達ランキングで1位なんて決まってるじゃん…………(モンペ)

 

その後の風磨の♪僕のものになってくれないかな……って言う切なさズルくない??あのリアコ枠菊池風磨が毎回声掠めて、切なそうに歌うんだよ???オタクみんな心痛めたでしょ???(????)アイドル×儚い×切ない 最強説をひたすら推してる私としてはあそこの風磨はズルい、狙ってやってるのが憎い。

 

~I found pink~

〇やっと来たか、俺のピーチ

来ました、伝説の企画。

 

風磨の「Hey mari〜なんか面白いゲームない?」の一言から始まるこの企画。

風磨の一声でアプリが起動して、まじリアルな乙ゲー(やったことは無いけど)が始まる。

これさ、「やっと来たか俺のピーチ」ってカラフルeyesのリリースイベントでせくぞちゃん(主に健人くん)がやりたい、企画書書きたいって言ってたやつなんだよねぇ。当時私はリリイベで、最前勝ち取ってこの企画の話聞いてたから、「え、これあの時話してた企画じゃん……え、夢叶えてるよセクゾちゃん……」って感慨深くなって泣いた。現実言ってたものと少し違えど夢叶えるせくぞちゃんかっこよさしかなくない???しかも健人くん企画のおれぴ、こうやって夢って叶ってくんだなぁ……….(重めのオタク)

 

-設定-

生意気なシャンパンボーイ 佐藤勝利

スウィート&スパイス王子 中島健人

甘えん坊将軍 松島聡

あなたに尽くします 執事・マリウス葉

 

この4人がランダムに選ばれる。で、選ばれた人がスライドアップで登場して、風磨が4つの設定の中から選んで、その状況に合わせたセリフをアドリブで言っていく。って言うゲーム。

 

風磨が回を重ねるにつれて、オネエ化していくのがむちゃくちゃ笑った。オーラスではお尻突き出して、「これがアタイのピーチ」とか言い出して頭大丈夫???ってなった(爆)

 

今回見られたのが、とりあえずオーラス抜いてマリちゃん3回、しょりくん2回、健聡各1回っていう、謎に自担の引きの強さ発揮した(笑)

ネタバレ無しで城ホinしたから、最初なんのこっちゃわからず、しかもマリちゃんの日だったからなにこの企画???ってなったけど、結果ありがとうおれぴ(拝)ってなったからちょろい。

マリちゃんはとりあえず設定が謎、なんであの子に執事やらせたの????あの子とりあえず初めに「お嬢様」って言っとけば言いみたいなところであったからね???(笑)そして、設定もとっ散らかしてて、ほぼゲームオーバー要因だったけどまぁ可愛いから許すしかない(甘い)そして眼鏡が最強に似合わない。公演中ずっと「お願いだから眼鏡外そ……前髪妥協するから眼鏡……」って同行者に言い続けた(迷惑)

 

聡ちゃんはちゃんと設定わかってて、あざとかったわ~~(頭抱え)ありゃ可愛い、持ち帰ろう。

 

健人くんは得意分野じゃん???とりあえずみんなキャーーーーってなるじゃん???顔がいい&息をするように甘い言葉吐く人だよ???

白旗振るしかない。

 

今回おれぴ企画で1番盛り上がったのはしょりくんかなぁ。シャンパンボーイの札のキメ顔からまず面白い。以前はあんなにシュッとしてたしょぉりちゃんだけど、最近ムチムチしてて、そんなムチムチしょぉりちゃんがなんとも絶妙な顔の角度でキメ顔してて、むちゃくちゃ面白い。顔面国宝なのにむちゃくちゃ面白い。(褒めてるつもり)

それとキャラ設定。生意気なシャンパンボーイがポイントだから、生意気がキーワードなんだけど、たぶんあの子ドSと生意気を勘違いしてる………生意気=ドS=黒崎くんになってて、むちゃくちゃ笑わせてもらった(褒めてる)

「しょおりちゃんたぶん設定間違えてるよーー!」って毎回言うのがお決まりでしたたのしい。しょおりちゃんが時折えっちぃ発言するのには度肝抜かれたわおばさん……。でも4人で1番キュンとしたのは間違いなくしょおりちゃんですありがとうトキメキ。

 

さてさて、おれぴ企画で語らないわけにはいかないオーラス公演。始まる前からオタクの間では、「オーラスは風磨しかいない」なんて話が飛び交っていました。私もそう思ってた。

オーラスは、いつも通りオネエ化した風磨が出てきて、ゲームが始まる。カードがシャッフルされると急に画面がバグる。暗転し流れ出すIGD。とりあえずIGDが流れた時、「この曲なんだっけ!?!?これ私の大好きなヤツ!!!!」っと曲名忘れたけど、個人的に昨年のツアー優勝曲だったから(だったら名前忘れるな)、とりあえずテンション上がった、バグったことより、IGDにテンション爆上げでした。STAGEと同様のタイミングで、ポップアップで登場する4人、通称P4(みんな大好き花男のオマージュ)(オーラスで初めてP4って聞いたけど)。アプリの中の4人が3次元にきた!!!!みたいな衝撃あるよね(????)

オーラスの設定は横アリでの一コマ。ここでも聡ちゃんはぬいぐるみ抱っこして、体育座りはあざとい。マリちゃんは最後まで設定とキャラとっ散らかるし、しょおりちゃんは「ぐちゃぐちゃにしてやるよ」なんて………なんてことを(頭抱え)

健人くんが言い終わると、最後に「ふーうま」って花沢類の「まーきの」っ的な言い方で風磨を呼ぶ、「俺変わったんだ……横浜アリーナを俺の虜にしてやる」なんて言っちゃって!!!!爆モテ!!!!!

 

とりあえずオーラスは特別回すぎて周りの温度がやばい、全体的にやばい。Sexy zoneがやる2.5次元での乙ゲー最高すぎてお手上げ状態。

ときめきin2018春 ありがとう!

 

~I found pink〜

<PEACH>

暗転したステージに照明が付き♪オッオーオッオウォウウォオ〜イントロが流れるとそこには横1列で肩を組むせくぞちゃん。おれぴ企画とは一転して、キャハキャハしてるセクゾちゃん。とくにしょりくんがすごい。あのシャンパンボーイからの弾けっぷりっと言ったもう。ずっとキュヒキュヒしてる。会場満場一致て「可愛い…」って声が漏れ出てた。オーラスは上3人がむちゃくちゃはっちゃけてて、聡マリちゃんが困惑しつつ割と真面目に踊るっていうあの対比めちゃくちゃ笑った〜

振り付けは少クラと一緒。前奏のあの振り、大好きなんです。(個人的な話)一緒に踊るのが楽しすぎた。風マリの頬っぺプクってするのは安定に可愛いすぎてずっと頭抱えてる。

?健人くんの♪ねぇ〜?ってパート、あれは自担と一緒のタイミングで踊ってくださいって解釈してるけどあってるよね?(満面の笑み)

♪全くダメダメな私です〜の健人くんはぶりっ子可愛いモニターのお顔が綺麗歌の声がいいの3点セットでハイ天才。(語呂の良さ)

♪きっと恋に落ちちゃったんだ〜で健マリが風磨を囲って輪っか作るのも振り付け天才かよ。天使が戯れてる(幻想)

せくぞちゃんに新しい恋に会いに行こうって恋応援されちゃうのしんどくない???頑張ろってならない???最近の私のネタは「新しい恋探しに行くわ〜」が鉄板です(?????)

 

こんなキュピキュピキュルキュル恋応援ソングなのに割と間奏でガッツリ踊ってくれるのも嬉しい。

♪ベビーピンクのルージュ〜を歌う健人くんはやっぱりぶりっ子してて可愛くて、女の子私たちが白旗振らざるを得ない可愛さ、あざとい。私気づかなかったけど、健人くん実際にピンクのルージュ塗ってた説。どんだけ意識高いのよ(頭抱え)

♪踏み出せ〜で毎回スクリーンにマリちゃんを抜いてくれて、編集もしてくれちゃってスタッフ天才かよ。需要のないマリちゃんを抜いてくれて、しかもマリちゃんに踏み出せなんて言われたらオバサン頑張れる気がしてる(気がしてるだけ)

 

<好きすぎて>

PEACHの終わりあたりでJrくんたちがスタンドマイクを運んでくる。この辺で私ザワザワしてる。

うっそーーーん!!!こんなスタイリッシュなツアーでスキすぎてやってくれるなんて天才なの!?!?!?ってイントロかかった瞬間の私。しかもスタンドマイクで振り付けそのまんま!!!!一応サマパラ2017でも聞いてはいるけど5人のスキすぎてって最高じゃん!?!?

イントロがいいよね、キターーー!ってなる感じ。スキすぎては去年STAGEの名古屋ラストで爆発的な盛り上がりを見せたし、サマパラ2017ではマリちゃんゼロズレ頂いて幸せな思い出しかないありがとう。

とりあえず同行者と目を合わせて団扇置いて全力でスキすぎて踊りました。もはやネタ、楽しい。

せくぞちゃんの原点、可愛いトンチキキラキラアイドルはどんなときも忘れないその姿勢が大好きです。せくぞちゃんには一生スキすぎて歌い踊り続けて欲しい。

 

セリフのところは毎回セリフを変えてて、特に聡マリちゃん。応用力ついたなって感慨深くなった。(すぐなりがち)

(* '-')<キミは僕の天使 は毎回頭抱えるからやめよ(頭抱え)

オーラスでは、風磨がMCの「どぅへへ」を使っててそういうところわかってる最高。

 

<ラブマジ>

ラブマジは聞いた時からスタトロお手振り曲だろうなと思ってたけど案の定スタトロ曲でした。

スタトロとは縁のない席に入った時にマリちゃん見てたけど、尽くマリウス担構ってて、私がスタトロ入った時は割と素通りだったのでマリちゃんに嫌われてる説提唱してた思い出が悲しい。(とは)結局スタトロでも構ってもらえたからチョロオタ発揮してた。

♪イェスイェス!でマリちゃんが曲に合わせて腕グングンするの好きでした。

健人くんが♪BOON!BOON!BOON!のところで「ポォンポォンポォン」っていうへんな合いの手を毎公演してくれたおかげで、今でも曲を聞くたび健人くんの幻聴が聞こえる魔法にかかってますありがとう。

 

<Lady ダイヤモンド>

これこそせくぞちゃんの真骨頂!!!!新しい色を塗り足すと言いつつも初心を忘れないせくぞちゃん大好きだよ!!!(2回目)

みんなで踊るレディダイ大好き芸人だから一生歌ってて欲しい。レディダイってお手振り曲になりがちだから、この先1回でもいいから大人になったせくぞちゃんでスパンコールキラキラの衣装きてレディダイ踊って欲しいお願いします!!!!

 

本編の記憶はほとんどありませんだってファンサ曲だもん悪しからず。

 

<ぎゅっと>

テレビとかで披露された演出と一緒。カメラがあって、横からせくぞちゃんが一人一人フレームインしてくる。これが生で見れるとは思ってなかったから最高でした。最後にしょりくんがキュヒって出てくるの可愛い過ぎた。

風磨がソロ歌ってる横でしょりマリがちょっかい出し合ってるのむちゃくちゃ可愛いからみんな見て。やべぇからから見て。だいたいマリちゃんからしょりくんにちょっかい出し始めるんだけど、しょりくんが構ってくれないとイジけるのに、しょりくんが構い出すと素っ気ない態度になるマリちゃん劇場めちゃくちゃ面白いから。ツンデレvsツンデレはやばみがすごい。

ある日はしょりくんが勢いジャンプしてお姫様抱っこされてキュヒキュヒしたり、お姫様抱っこから下ろされるときマリちゃんが投げるようにしょりくんを下ろして、「俺の扱い!」って怒られるマリちゃん可愛いから見て。なんだかんだお互いのこと好きなのにツンツンしちゃうしょりマリむちゃくちゃ可愛い………

 

時たまぎゅっとで、Sexy zoneが暴れ出す。例えて言うならHeyyou的な悪ノリ。カメラマンさんをいじり倒してみたり、カメアシさんになってみたり、ふまけんが階段駆け上がってスクリーンをつかってChooChooTRAINしてみたり(ちびーずはついていけてなかった)。ひどい、もっとやれSexy zone

サビを会場みんなで踊るのもなんか温かいなーって思える空間でした。

 

ぎゅっとの悪ノリゾーン最初の方はなかった印象で、割と真面目に歌ってる曲だったけど、途中から悪ノリし始めたのもそういう温かみみたいなものを敢えて出そうとしたふまけんの狙いだったのかなぁと思ったり。

大サビ前の風磨ソロで風磨が煽って会場で歌うんだけど、それも最初なかったんだよね。「低いけど頑張って」って優しく煽ってくれる風磨はただのリアコ。ぎゅっとってそういう温かみのある曲だから、会場みんなで歌うって言うのがすごい良かったなぁって印象。最後に、風磨が「みんな寂しくなったらどーするの?」

会場「「ぎゅっと!!」」ってよく分からないレスポンスするんだけど(褒めてる)これも横アリ最後の何公演かで追加された印象。(私はこれ追加された瞬間「なんだこれ?」って鼻で笑ったけど許して。)

 

今回のツアー、O.N.Eみたいに公演を重ねる毎に進化を、成長をし続けたツアーだと思っていて、それはファンの人もSexy zone自体もそう思ってるって印象なんだけど。みんな注目はしていないけどぎゅっともその1つだと思ってて。最初は5人がぎゅっとしてるのを傍から見てる感じだったけど、最終公演には会場がみんなでぎゅっとしてたってイメージ。本来そういう曲なんだろうけど、曲の中でせくぞちゃんが悪ノリするのも、みんなで歌うのも踊るのも、みんなでぎゅっとするのも、回を重ねる毎にせくぞちゃんとファンみんなで作り上げた演目の1つなんじゃないかなぁって思いました。

せくぞちゃんが演出を変更するだけじゃ作り得なかった、もしかしたら会場全体で創るって意味では今回のツアーの1番の成果物になったのかもしれないなぁなんて思いました。

 

とりあえずピンクゾーンは、今回の塗り足していくツアーの中の、塗り足されず今までのSexy zoneを表現したパートでありつつ、Sexy zoneとファンがより、ひとつになったパートだったなと思いました。しょりくんのパンフレットの言葉を借りるのであれば、「Sexy zoneとして忘れちゃいけない原色の部分(意訳)」だったし、いい意味でぎゅっとによってよりSexy zoneらしさを塗り出すことが出来たんじゃないかなぁと思いました。

私としてはスタイリッシュなSexy zoneも大好きだし、今後必要になってくるとは思うけど、Sexy zoneにはこのピンクゾーンみたいな原点を忘れない若さを武器にしたキラキラトンチキアイドルをまだまだ売りにして欲しいと願うばかりです。

 

(終わりませんよ)

 

Sexy Zone XYZ=repainting tour 2018 備忘録②

備忘録第二弾です。

 

〜I found red〜

レットゾーンきたーーー!レットゾーンのコンセプトが大好きです。

赤いカーテンから5人が一人一人出てくる。一人一人個性のある振りをやるんだけど、マリウスちゃんの足の長さに驚愕した。あの振り付け考えたの誰!?!?天才最高。

衣装がこれまた王子様感の凄さたるや。特に健マリ。忘れられない花のPVの衣装をちょっとアレンジして豪華にしたみたいな衣装。

あれここは帝劇かな??宝塚かな???ってくらいすごい(語彙力)

嵐のマスカレードみたいな感じ(※画像参照)(え、待って参照画像のあらしがかっこよすぎて被弾)

f:id:degidona34:20180512233333j:image

「マスカレード」の部分が「Sexy Zone」って文字に変えたら出来上がり。5人が揃うと少しショーの始まりみたいなダンスをするんだけど、これが振り付けの角度や止まるタイミングを揃えてきてて、なんか「そういうところからだよSexy Zone(良き良き)」ってなった(とは)

 

<Pheromone>

ハーーーーーイみんなだいすき謎演出満載pheromoneの時間だよーーーーー!!!

 

マリちゃんの「スキビリリュー(なんて言ってるか解明未)」から始まるーーー!

階段を存分に使ってくれる、階段を使った演出。ザッピングしてマッピングしてサッサッサっパッパっパッしてくれる(とは)(健人くんのこのパートの階段の使い方が好きって話)

あとは♪可愛い娘ちゃんのために捧げよう〜の振りですかね!!イチオシ!!

だって、あの顔面凶器なSexy Zoneが捧げるために王子様スタイルで頭下げてくれるんだよ!?!?惚れる~~~~!!!

 

あとは基本前撮りした映像を折り込み差し込みみたいな感じなんだけど、あの映像の必要性が未だ謎。謎of謎。

初見ではカメラ置いてスイッチングしてるのかと思ったけど、徐々に髪型で前撮りに気づいた。特に1番の謎はしょりくんパート急に差し込まれる白衣装の謎。これはあのツアーに入った万人の謎だと思ってる。あの謎は後々誰かに解明してほしい(笑)

 

<celebration!>

セレブレーーー!!ウェルセクのアルバム曲にも関わらずSTAGEの印象が強いのは多分演出が最高だったからですよね!!

今年もセレブレ聴けると思わなかったってのもあるけど、これはイントロ聞いたらぶち上がるよねーーー!

今年は花道お手振りバクステ移動曲。STAGE行き過ぎ&見すぎで、言ってもないのに風磨のセルフ煽りが聞こえてくる謎現象ここにも出現。

「デェェン」とか「盛り上がっていこうか」とか。まぁ、盛りあがって〜は今年も健在でしたけど。1回だけ普通に「we gonna celebrate!」って歌った時は淋しさ感じた。

花道を5人で歩くんだけど、ちびーずはファンサしながら右往左往してるんだけど、ちびーずの前を颯爽と歩くふまけんが痺れた!!!

 

<忘れられない花>

1度暗転するとローリンローリンって流れて、スクリーンには氷漬けのSexy Zone。(美)

センステで踊るんだけど、サビで正面をコロコロ変えてた気がするんだよね、正直センステ付近入ってないから違うかも。イメージはウェルセクの24-7みたいな感じだなぁって遠目に思ってた。

あんまりこの曲好きじゃないから印象が薄い許して。

 

<O.N.E〜Our New Ear>

うわーーーうわーーきたきたきたーーーー意思表明ソング。

私的にはこれが書きたくて備忘録書いてる説ある。

 

とりあえず私の見てきたマリウスちゃんを書きたい。これのマリウスちゃんがどえらいエロい。

滴る汗の中、ジャケットを脱いで蝶ネクタイ取って、ワイシャツのボタンを2つくらい開けちゃう。そんでもってピチピチの黒スキニーなんて………表現も去ることながら、ちょっと息を切らせてるからエッチさ増し増し。え、これで18歳???時空歪んでない???ってくらい色っぽくて妖艶で麗しい。のにハードさも兼ね備えてるヤバさ。

 

本題に入るけどこの曲やばいよね(突然)初めて聞いた時も、「本気でsexy時代狙いに来てる……」って思ってたけど。この曲こそ、ツアーの回を重ねる毎にみんなで、Sexy Zoneとスタッフとファンのみんなで作り上げた曲って印象が強く残る。

大阪で見た時は、5人がそれぞれ四方八方に散り散りになって、各々個々に拳を挙げて、会場みんなもまぁメンバーに合わせて手を上げるみたいな感じだった。

次に私が見たONEは、横アリの、我らが櫻井翔が来た次の日。散り散りになってた5人が、1番の大サビでセンステに集まって、5人で拳を上げてる演出に変更になってた。これだけでもう時代作るぞ感が出てた。

その2日後に今度は我らが演出家松本潤が来て、次の日にはセンステがせり上がり、5人の拳が上へ上へとより高く掲げられる演出に変わっていた。

本来こういう5人が固まって5人で意思表明するスタイルを取るべき曲。

正直、ONEの置き場所、演出には試行錯誤してたイメージが強い。初日はアンコールに歌ってたらしいし。それが嵐の櫻井翔松本潤のアドバイスによりSexy Zoneでは試行錯誤してたであろう演出が、本来あるべき、誰もが納得する形になったのってやっぱりあらしパイセンってかっこいい(><)(またもや被弾)ってなった訳です。でも、アドバイスを貰って即日対応するSexy Zoneもさすがとしか言いようがない。

 

オーラスのONEはSexy Zoneもファンも気合いの入り方が違った気がする。拳を挙げたSexy Zoneがセンステで上へ上へ行くのを見つめながら、会場にいるファンがみんなで拳を挙げて、熱気が今までの比じゃなくて1つになった感が凄かった。と、共に会場にいるみんなが「sexy時代は必ず来るわ……」って誰もが信じて疑わない瞬間だったと感じた。

 

sexy時代は必ずくる。

 

〇MC

せくぞちゃんってお喋り上手になったよね。(突然)

基本風磨が回し役。風磨褒めちぎるけど、本当に回すの上手い。みんな平等に話を振ろうとしてるし、実際差がなくみんなに話振ってる。落とし所付けるのも上手だし、観客を使っていじる芸とか上手いなぁって思いながら見てた。(誰)

マリちゃんもちゃんと会話が成立するようになったし、時折ヘンテコなこと言ったり、ヘンテコなタイミングで喋り始めても打率がいい。はい天才。(言いたいだけ)

 

とりあえず私の好きなMC集抜粋します。

[大阪]

ナダル

(伝説のナダル回)

・しょうりちゃんのキャラ大暴走。ひたすらツッコム。ナダル

・マリウスちゃんのお誕生日おめでとうの回(泣いた)

・バレンシ〇ガのスニーカーがSexy Zoneからのプレゼント

・(* '-')<うわぁー!飾ろう! *1

・基本風マリが激甘(風磨がマリちゃんに甘々)

・ふまけんの「好き(cv.五郎丸)」劇場

・「好き(cv.五郎丸)」を会場にやらせる拷問(酷い)

[横浜]

・マリちゃんのchi↑kubi↓

・(* '-')<あいむそーりー さとーしょーり

(謎の勝利巻き込み事故

・嫌いなジャニーズの11、12位食い込むふまけん(ここでも隣同士)

・風磨母から「次は目指せ1位」

・(o´ω`o)<うちの母ちゃん頭おかしい

・デニミーゾーンになりたくてみんなでデニムジャケット来てこようとする5人

・律儀に来てくるけんしょりと約束を忘れて来てこない聡マリ

・うちわの枚数についてオタクのグレーゾーンに触れてくるせくぞちゃん

・MCで最後の挨拶みたいになってしまったマリちゃんに対し、(☆u∂)<それでは聞いてください今日はありがとう〜(歌い出す)

・客席にサングラスをかけて照明予防をするオタクにツボるマリちゃん(かわいい極めた)

・名古屋で聡ちゃんがシャワーに入ろうとしたらふまけんが大盛り上がりしており発情(?)してしまった聡ちゃん

・ワクワクの撮影であらし先輩に肩に手をかけていいと言われるが馴れ馴れしく行けず、手が宙に浮かせちゃう後輩せくぞちゃん

・しまいには「ありがとうございます」「すみません」が色々混ざって(o´ω`o)<どぅへへへと変な声を出してしまう菊池風磨

・せくぞちゃんみんなを巻き込もうとする風磨

・ことある毎に「どぅへへへ」を使って来る風磨

 

基本的にとっ散らかりゾーンで最高でした。楽しそうなSexy Zoneちゃんを見るのがオタクの幸せ(小並感)

MC大賞は言わずもがな「ワクワク学校の撮影で困惑する後輩Sexy Zone」でした(面白すぎて同行者と椅子ガンガン揺らして笑った)

 

<イノセントデイズ>

横アリの会場限定商品(?)らしい。聞いたら買わなきゃ行けない強制感(爆)

むちゃくちゃしっとり。表情がいい。

 

〇Sexy Station

某音楽番組のオマージュ?はっきり言えばパクリ(爆)オープニングの音楽すらもうMスs……

急に暗転して音楽が流れてくる。照明がつくと、タモリさん風の、サングラスをかけた聡ちゃん。

どうやら急に音楽番組が始まったらしい(唐突すぎた)

 

とりあえずこのコーナは唐突すぎた上にとっ散らかり方がすごい。このコーナーの考案者は風磨らしいんだけど、ちゃんと聡ちゃんの見せ場を作ったって言う凄さ。ちゃんと5人の見せ場を作ってるんだよね。あのコーナーが成功だったかは置いといたとしても。

 

聡ちゃんって個性を発掘出来てないのが今現状の問題であり、本人もそれは自覚してるし、自覚した上で人のマネとかしちゃうからアレ()なんだけど、今回ちゃんと趣旨を理解して自ら会場が盛り上がれるような煽りを考えてたのはきっと成長の1歩なんだろうなって思う。

それをちゃんと他のメンバー4人が支えてあげてるって言うのが目に見えて、「sexy時代は来る」って確信できるひとつの材料でもあった訳です。

 

さて、セクステは勝利&風磨と海外アーティスト風のS.K.Y(聡.健人.葉)が音楽番組にきたっていう設定。

ふましょりはぞんざいな扱いを受ける。すぐにS.K.Yの紹介になるんだけど、聡ちゃんが司会してるから必然的に健マリが紹介されるんだけど、2人の海外セレブ感?とりあえず次元の違いヒシヒシ感じた(頭抱え)

 

S.K.Yは準備のため捌けるから、暫しふましょりトーク。準備ができるとふましょりどっちがサングラスかけてタモさん風に曲紹介。(全体的にとっ散らかってふざけてる)(褒めてる)

 

<luv Manifesto>

来ました大本命。

ラブマニのために横アリ通ったしチケ代払ったし愛捧げてきた(大げさ)1度もラブマニマリちゃん席には入れなかったのが今ツアー最大の後悔(頭抱え)

マジで本気でリアルに大好きすぎて今でもラブマニ聞くたび涙流してます(大げさ)

 

ラブマニ語るにはまず前置き長くなるけど許して。

この曲、健人くんが作曲して3人で作詞してるんだけど、まず、まずね。

天才of天才

とりあえず健人くんが聡マリと歌いたいから2曲ボツにしてるって情報もしんどい。

ラブマニってさ、某バラエティ番組で健人くんがシャワー浴びながら「♪君にこの声明伝える〜」って歌いながら作詞してるって言うのが地上波に流れて、「やべぇ中島健人まじサイコパスwwwwwwwww」とか思ってたのに、アルバム聞いた時点で「おやおや……?」って思ってたらライブでひれ伏したごめん健人くん。(息切れ)

 

ライブでは、演説台に立つところから始まって、そこから始まるマニフェスト党の選挙演説ーーーーーーー!!!絶対投票するから私をマニフェスト党のオンナにして………(とは)

衣装は健人くんが赤、聡ちゃんが黒、マリちゃんが白のちょっと煌びやかなスーツ。まず衣装がツボ。

演出はフィンガータット。これは嵐にしやがれで相葉くんと健人くんが企画でやってたんだけど、まさかライブに組み込んでくるとは思わなんだ。最初聞いた時は「おいおい嘘だろ……世界観崩さんといて……これはRolling Daysの二の舞では………(※Japonism櫻井翔ソロ参照)」ってむちゃくちゃ心配してたけど、むしろフィンガータットありがとう(ちょろい)

とりあえず3人の綺麗な長い指が堪能できる。

 

とりあえずひとまず、イントロでトキメキ100%め軽く1回泣いてる(とは)

マリちゃんの最初の低音のソロが大好きすぎてトキメキが止まらない。これまであんまりマリちゃん低音パートってなかったんだよねだって天使だから。(真顔)けど、ちょっと大人になってオトコを出すようになったマリちゃんに低音パートは撃ち抜かれる他なかった。最後にポーズしてちょっとエッチな表情で指クイクイして「僕を見て」ってするのーーーー!!!マリちゃん見るよおおおおお!!!膝から崩れ落ちた。完敗。しんどい。むり。はーーーすき。(ちょろい)

 

聡ちゃんのソロ、大阪ではフィンガータット割と失敗多かった印象だったんだど、横アリでは完璧になってたんだよね。まぁ1ヶ月も間あったから普通なんだけど、よく頑張った。(モンペ)

 

サビではさ?マリちゃんに♪奪いたい君の未来全部って言われるの。えーーーマリちゃんに未来捧げたい奪って~~~ってなるよね、オタクだもん。(とは)

 

サビが歌い終わると観覧席にいるふましょりがスクリーンに映るんだけど、2人がふざけてて楽しそうでむちゃくちゃ笑った(笑)可愛い極めてた。(笑)

ステージではめちゃくちゃキメてる3人との温度差。(爆)

 

2番からは花道を3人で闊歩するんだけど、え????今日ってパリコレかなにかなの????ってくらい花道歩く3人もといマリちゃんに惚れた。

♪約束はできないけど〜で小指立てながら歩いて、♪いくのも恋じゃないの?で3人でハート作るのーーー!

 

ここからまたマリちゃんパート。♪尽くし尽くされてく〜でリズムに合わせて手を投げるのも、♪アンバランスに感じてもいいよ〜で1歩大きく踏み出すのも好き。♪心捧げるよーで心捧げちゃうのも、0ズレで心捧げられた(と思ってる)のも全部好きすぎてもう苦しい。

 

ラップのところはセンステ真ん中の円卓でフィンガータットを見せてくれる。最初3人を裸眼で見てたんだけど、なんせお尻しか見えない。

スクリーン見たら3人の綺麗な指が映し出されるじゃん????その隣見て????サイドスクリーンにはフィンガータットしてる3人のお顔が映されてるよ????なんでみんな教えてくれないの????(パニック)

綺麗な指も去ることながらお顔が良すぎる。

横アリ公演になると公演数こなしてるからフィンガータットも慣れてきて、3人がフィンガータットしながら顔見合わせてるの。フィンガータットしてるから真剣なんだけど、ちょっとニヒルに笑いながらやってるの無理泣いた。

マリちゃんが片眉クイクイ挙げてるアレ、私の性癖グイグイしてきてまじ過呼吸

 

ラップからマリちゃんの作詞ゾーンだと聞いてそれもそれで泣いた。

 

ラブマニは泣くしかない(とは)

 

同行者によるとラブマニになるとペンラを振る腕が停止し、真顔と言うか放心状態のままマリちゃんのパートだけ無意識に踊ってるらしく、いや私ただの怪しいヤツ()

 

<Sing alon song>

しょりくんと風磨の男の友情?を歌った曲。

とりあえずセクステからの流れで、ギター持ったちっちゃい人と、マイクスタンドにグラサンかけた奴が出てきたから、あれ、コブクロかな?(◜௰◝)ってなった(ネタ)

 

レゲエ感がすごい、湘南乃風っぽさ否めない。

♪シガローンジカロンウィズミーをオタクに歌わせるんだけど、女の子が歌いやすいように音程を上げてくれる辺りの本気さとリアコ感がすごい。私は原キーの方が歌いやすかったごめん。

会場全体が歌うとめちゃくちゃ風磨が褒めてくれるアレ。5日の2部がむちゃくちゃ風磨嬉しそうだったから多分すごい声出てたんだろうな(人事)

風磨が謎に蹴りあげるところとか、しょりくんのアコギ引くところとか良いよね。

 

 

シガロンの最後に横アリのいつからかちゃんとセクステのクレジットが出るようになってて。それを見た時に、確かにどこでセクステが終わるか区切りが分からなかったなって思って。多分これもアドバイスしたの翔潤のどちらかなんだけど、こういうところまで見てるってやっぱり視点が違うし、嵐ってこういうところまでこだわってるって思ったらかっこよすぎて泣いた(突然の被弾)

 

<Mission>

急に瞳の青いアンドロイド健人くんがスクリーンに登場する。

既に世界観が出来ててやばい。

 

ポップアップで登場した健人くんは「XYZ」って書かれたサングラスかけて登場する(センスが独特)

♪夜が明けてしまう前に〜のアカペラ綺麗すぎて耳が惚れた。ここでステージのライトを操る健人くんはアンドロイドだったし天才だった(語彙力)

サングラスを取ったときの髪の毛の跳ね具合は笑うしかなかったから許して健人くん。

 

初めて聞いた時は謎にワイシャツ破るし、人生はミッション?みたいな世界観さすがぶっ飛んでる健人くんーーーー!とか思ってたけど、そんなこと言ってごめん健人くん。健人くんに白旗上げる他なかった(頭抱え)

レーザーバンバンで、♪君に君にで健人くんが指さす方にレーザーが揺れたり、「'Cuz you're my Mission」でJrの肩に手をかけキメるお顔が綺麗、何をどう見てもお顔が綺麗。

2番で花道を颯爽と歩いて、センステへ。センステでステージがせり上がり、中島健人を囲う会が開催される(言い方)

♪人生is Mission〜でセンステからバクステの花道を煽りながら歩く中島健人がやばい(語彙力)。手で煽るだけで会場が沸き立ち、青いペンライトの光を身にまとい再びセクシーモーゼと化する横アリと、それを体現する中島健人強い。

会場が最高潮に盛り上がったところでTシャツを破る中島健人ってやっぱりサイコパス(褒めてる)

 

Tシャツを破ったあとの腹筋までもが綺麗すぎて中島健人ってやっぱり完璧だからアンドロイドなんだと思う(なにその終わり方)

 

<Deja-vu>

夏甦るーーーーー!ありがとう夏ーーー!

ところでサマパラまd………(n度目)

 

中島健人の興奮冷めやらぬ中、センステにJrとマリちゃんが登場する。イメージ的には路地裏みたいな所で、挨拶を交わす男のコ2人に見とれてたら、違う男の人とぶつかる。振り返るとそこには初恋の女性がって感じだと思う。(多分)あそこの演出ちょっとわかりずらいんだよね。

 

女性に気がつくと、曲が始まる。マリちゃんはオールバックにワイシャツ、サスペンダーを身にまとっていました。オトコウス~~~~!!マリちゃんとか言っちゃダメ、あれはシュミッヒ様!!!多分あれは可愛いって言っちゃいけないんだと思うけど、言わせて。マリちゃん可愛いよ~~~!!!!!(結局)

 

1公演目は「甦る夏~~~!!デジャヴポーズお久しぶり~~!」って久しぶりのdejavuに高まって、2公演目で、「え、待ってまじオトコウスやばい……」ってペンラ振るのも忘れてマリウスちゃんに見惚れて、5公演目くらいで冷静になって会場見回したらオレンジオーシャン広がってて、センステで1人でファンを魅了するマリちゃん見て「マリちゃんおおきくなったね……みんながオレンジペンラ振ってくれてる世界泣ける……」って情緒不安定になったのがdejavuハイライトが今思い返してもやばい(やばい)

 

とりあえず曲良し、衣装よし、お顔良し、歌声良しで100点満点何を言ってもマリちゃん天才すぎて語彙力欠如(個人的に)

dejavuポーズめちゃくちゃ一緒にやった。

サビのあとのデェジャーブゥウの足使いヤバくない????

サスペンダープレイもやばかった、あんなしなやかにサスペンダー操る人他にいる?????

エロくない???いけてる???18歳だよ???

 

間奏でまた初めと同じ男の人とぶつかって〜ってくだりになって、「あ、デジャヴだ……」ってなるって言うのがこの曲の演出らしい(本当にわかりずらい)

振り向いて初恋の人がいて、マリちゃんのウィスパーボイスで(* '-')<You're my dejavu

って言ってくれる。最初の公演は普通に言ってたんだけど、回を重ねる毎にウィスパーに囁く技術身につけてて、心臓止まった。オトコウス~~~~!!!(言いたいだけ感)

 

今回すごいガシガシ踊ってて、まぁサマパラと振りが変わってる訳じゃなくて、もちろんサマパラの時から思ってたけどdejavuの振り付けマリちゃんの良さがものすごく引き出されてて好きが増す。身長、あの長い足をむちゃくちゃ生かしてくれてありがとう~~~(モンペ)

 

♪like fireで緑の炎がステージ上に燃え上がって、マリちゃんが背中を向いて終わるんだけど、もうなんかとりあえず感無量。

何回も言うけどマリちゃん天才…………

 

 

*1:履けよ!!!

Sexy Zone XYZ=repainting tour 2018 備忘録①

今年も春がきたーーーー!

春と言ったらせくぞちゃん、冬と言ったらあらしだよねーーー!季節の風物詩と化しているありがたき幸せ♡

 

そんなこんなで今年も行ってきましたSexy Zoneツアー。

バレンタインの逆チョコレートと称して発売されたアルバム 「XYZ=repainting」を引っさげて、7都市25公演Sexy Zoneとしては過去最大規模で行われたこのツアー。アルバム名通り、ツアーも今あるSexy Zoneを"塗り替える"ではなく"塗り足していく"って言うのがコンセプトになってるって言う話は各媒体で目にしました。

とは言え、昨年の5周年記念ツアー「STAGE」が最高傑作だったのはファン達の中では言わずもがな。あの傑作ツアーを超えられるのか、どう超えてくるのかと言うプレッシャーはファンすらもひしひしと感じてくらいだから、ご本人のたちは相当だったと思います。(思ってるだけ)

しかし、アルバムのコンセプトを引っさげて、今までのSexy Zoneのイメージをさらに塗り足して新しいSexy Zoneの魅力がたくさん表現されてた、且つ昨年の最高傑作のツアーを超え、また新しくSexy時代に近づいたと感じ、Sexy時代が幕開けたなと感じた最高of最高のツアーでした。

 

例の如く、また今回もデジチケ(闇)だった訳ですが、2公演連続でスタンド最後列を引き当てた時は「これはuntitled再来なのでは……」と本気で呪われてることを覚悟しましたが、無事に地上に降りることができ、幸せを頂いたので自分の中ではデジチケとほんの少しだけ和解したと思ってます(超個人的)

 

そんなこんなで今回私は8公演参加して、たくさんの思い出とせくぞちゃん達への思いが溢れ溢れしてるので備忘録としてここに残したいと思います。

 

-オープニング-

時間になると照明がバンッと落ちるのではなく、スクリーンに映し出されている「Sexy Zone repainting tour」という文字が白く塗りつぶされていく。(既にデジャブ感あった(爆))

もちろんXYZは赤文字です。

全部塗りつぶされると照明が消えて、overtureが流れ出れだす。各メンバーの紹介?VTRが流れ、ペンキに見せかけたライトが各々を照らし、各メンバーに合わせたイメージ映像が流れる。

マリウスちゃんは言わずもがな美しい。

それが終わると5人がソファーを使って色んな写真を撮ってる映像。これがみんな大好き5人わちゃわちゃ映像なので相乗効果で沸き立つ会場。最後に各会場の観光地をバックにした写真が映し出される。大阪は通天閣(記憶が曖昧で間違えてそう)、横アリは赤レンガでした。

そこから記憶が曖昧だけど、気がついたらステージにはスモークがかかっていてバックライトが照らされるとそこにはSexy Zoneさんが5人立ってるって言う好きなやつーーー!!!

バックライトがよりかっこよさを引き立てる最高!!!

 

<Unreality>

はーーーーー!?!?初っ端!?!?これ!?って思ったのが初日の感想。Sexy Zoneって初っ端にみんなが知ってる比較的認知度の高いシングルを持ってくる印象だったから既に度肝抜かれた。しかもメンバーが声を揃えて、この曲がターニングポイントになった等言ってたのを加味しても1曲目これはヤバイ。

てかSexy Zoneのライブで、1曲目がUnreal(非現実)ってヤバみがヤバくない????(語彙力)

 

個人的にはライブ1発目がマリちゃんの歌割りから始まるだけて私の涙腺は崩壊しました。ライブの初っ端が自担の声から、ましてはマリちゃんの歌割りから始まるなんてこんな最高なことある!?!?!?みんないつもこんなおいしい経験してたの????なんで教えてくれないの?????(マリちゃんモンペ)

ガッツリ踊る。Sexy Zoneさんが全体的に妖艶、好きです。

♪So baby, Ride it, C'mon, Ride it

♪Baby, Shake it, Just shake it

このマリちゃんパートの2つ、動きか謎すぎて好きです。

 

中盤にあるから始まる♪C'mon, Give me the beat,〜めちゃくちゃいいよね~~~!!マリちゃんのUnrealityの腰振り最高グッジョブ!!

そこからのふまけん背中合わせは胸アツ~~~~!!さらにふまけんを囲むようにちびーずちゃんたちが踊ってるのもエモーショナル!!

 

この曲と次の曲のレーザーがヤバイ。不運なことに(?)アリーナクラスの最後列に2度ほど入らせて貰ったんだけど(爆) 上から見るレーザーが綺麗で綺麗で度肝抜いた。

この年齢、キャリアでこんな事まで出来んのかよ………って。昨年のIGDでも思ったけど、レーザー×Sexy Zoneの調和性がすごい(すごい。)

 

<Ignition countdown>

ひぇええええ!!!

Unreal(非現実)

へ連れ込まれて「ignition(点火)のカウントダウン」って既に激エモーーーーー!!!エモエモーーーー!!

この流れ、正直鳥肌が立った。この年齢でこんな事まで考え込まれてツアーを作れるSexy Zoneって強すぎる。(2度目)

 

健人くんの「sexy感じてるかー!」の謎の煽りからカウントダウンが始まり、風磨のフェイク。Sexy Zoneさんってしんどい。しんどすぎてクラクラした。

 

間奏で1人1人のワンエイトくらいの振りをしながら名前紹介あり。今ならもれなく曲を聞くとデジタル音で呼ばれる「マリウス葉」が脳内再生出来る(とは)

 

そこからこの曲1番の名場面(だと思ってる)

♪Tonight you drive me crazy, 〜が始まる訳ですがマリウスちゃんソロandセンターって言う美味しい立ち位置ありがとう。表現もちょっと険しくてエッチくてお上品なのに獰猛さがある。

そこから健マリが背中合わせで歌うんだけど言わずもがなお顔が綺麗。オーラスではマリちゃんから健人くんの方を向いておでこ突き合わせて見つめあって歌うのはずるい。

曖昧だけどここからしょりそうが背中合わせで歌って最後に風磨が歌に加わる。はいかっこいい知ってたー!風磨のラスボス感が堪らねぇ!!

 

大サビでメンステから花道に向かって走り出す勢いとかあれ好きなやつーー!なにごとにも勢いって大事だよね。

 

<ROCK THA TOWN>

これはSTAGE懐古しちゃうやつ。(個人的に)

イントロの自分のパートで聡ちゃんが「横浜盛り上がれー!」だのマリちゃんが「横浜We love you!」って聡マリが煽ってるの見るとなんか感慨深いよね………

風磨の♪もっと弾けろ〜ってパート、歌わないから歌い忘れ?って思ってたんだけど「………騒げー!」って言う煽りだったオチ。それなのに変なタイミングで煽るから、しょりくんの綺麗な顔でクイクイって指をやる所が映らないので即刻風磨の煽りやめて欲しかった(超個人的)あそこはしょりくんの顔面国宝を拝むところでしょ????(?????)

 

<プンプンププン>

風磨の「レッツレッツクレイジーラィカプーリー声出す準備はで↑きてるかぁー」の煽り面白すぎて泣いた(褒めてる)

イントロで5人が固まってやる振りものっっっすごく可愛くて悶えた。からのしょりくんの

♪プンププンプンプププーン(≧u≦)が最高にキュヒキュヒしててあれは産んだわ(とは)

マリちゃんの♪oh my God しししらんぷりSAY!の振り付けと声と表現が好きすぎ(頭抱える)

健人くんの♪ププンプンはポォンポォンにしか聞こえないマジックにかかってる(?)

サビから5人が縦1に並んで肩を組んでセンステからバクステに移動。これオタクみんな好きなやつね。先頭の健人くんがむちゃくちゃ手を振ってくれる。もれなく花横の人達はSexy Zoneちゃんと向き合ってププンプンが出来る(羨ましい)

ラップの前の♪プンプンプーンはリズムに合わせて鼓動の振りやるし、♪She gotta make it goでクネクネするマリちゃんスキッ(cv.五郎丸)

個人的にはこの曲のマリちゃん、前髪ガッチリ固めてるのに後ろ髪はサラサラでサラサラの髪を揺らしながら、ちょっと覚醒したみたいな顔してエロっちくて私の性癖グサグサしてくるからしんどいofしんどい。

♪Forever and never together~で縦一列になって、あいのーおきてーで、最後尾からぴょこぴょこしてるマリちゃんは可愛さの塊。

 

<カラフルeyes>

ここに来てなんでカラアイ?????って当初思ってたんだけど、いろんな方の考察とか読ませて頂いて気づかさせてもらいました。

今回のツアーは、このあとのカラーごとのブロックに分かれていくんだけど、それの序章ってことでカラアイだったのかなぁと。そんな所まで考え込まれてライブ作ってるんだとしたらSexy Zoneって本当に天才だと思う。(モンペ)

カラアイはバクステでサビ踊ったり踊らなかったり。けんしょり芸が目の前で繰り広げられた時はどうしようかと思ったけど基本激甘けんしょりは通常運転でした。(?)

カラアイで何公演もマリちゃん0ズレいただいたので美味しい思い何度もさせて頂いてありがとう(土下座)

マリちゃんが途中で捌けちゃうから他メン見てたけど、♪瞳で愛す愛す愛す〜のところでけんそうがアドリブダンスするのが見どころとなってました。不覚にもあそこ好きでした()

 

-マリウス葉挨拶-

SiriならぬMariとしてナビゲーターを務める。その役がマリちゃん。美味しい役をありがとう。

ここってSTAGEから恒例になった感じあるんだけど、ここを見ると本当にマリちゃんってSexy Zoneの強みでしかないと思うわけ。(モンペ)

全編英語で、しかもツアーのコンセプトみたいなのをしっかりと説明してくれる。正々堂々としつつも可愛さと少しのお茶目さを残したマリちゃんは本当にかっこいい。

Siriの声をやりたいってカラフルeyesのリリイベで言ってたのを目の前で見てきたオタクなので「ここで夢が叶っちゃうの…」と驚きを隠せませんでした。

今回のコンセプトは、Sexy Zone→XYZ one→XYZ=1 NO.1を取るためのリスタートではなくリペインティングするって内容だったと思うんだけど(なんか違う気はしてる)、初めて見た時、「え、Sexy Zoneって名前から天才じゃん」って本気で思った。もうSexy Zoneが生まれた時からNO.1を取るしかない運命にあるやつじゃーんって本気で思った(ちょろみ)

基本的にマリちゃんのお顔を穴が開くぐらい見てたから内容が頭に入ってきてません(真顔)

 

~I found orange~

<Birthday for you>

歌い出しは聡ちゃんから映し出される。お顔がとっても可愛くて、こういう時の聡ちゃんはずるいよなぁ。

マリちゃんはハートを作って投げキスしてくれます。すき。

 

ここです。衝撃の健人くん。ヘアバンド付けて登場します。(爆)あれ健人担的にはどうなの???私毎回大爆笑させてもらったけど、もう一周まわって「顔が良くないとヘアバンド付けてステージに立てない。健人くんお顔てんさーい」って結論に辿り着きました(頭悪い)

毎回どの公演もドヨドヨするんだけど、それでも最終公演までヘアバンド守り続けた健人くんのハートの強さに乾杯。(とは)

 

♪うぃっしーずのしょおりちゃんはまたもやキュヒキュヒしててあれはもう狙ってる好き。

サビの振りも可愛いよねーー!あれすき!指さすところは自担指すためにあるじゃん????

♪So, Let's take a pictureで毎回写真撮ってステージに映されるんだけど、SMAPのBANG BANGバカンス思い出した(闇)

 

マリちゃんのお誕生日の日はみんなが替え歌してマリちゃんおめでとう~~してて、はい!可愛い!!

 

<会いたいよ>

きたきたきたーーーー!会いたいよーーーー!この曲は私の中で伝説の曲となりましたありがとうゴザイマーーース!!

 

アリトロ曲。立った1回降り立った地上がまさかの通路横で、しょりくんとマリちゃんが通過していきました。しょりくんが同行者のうちわをガッツリ見ていく芸を目の前で見たんだけどすげかったーーー!目ヂカラーー!!

マリちゃんは大きくてどれだけ上を見てもお顔が拝見できない事件に遭遇して大爆笑しました。(褒めてる)

 

某日は横アリセンターに入って、マリちゃんに♪君だけ照らす〜で照らされた(と思ってる)(思い込みは大切にしていくスタイル)から大満足。

 

1番はこの曲でマリちゃんに狙い撃ちされて、お墓を立ててきました。あの時の衝撃は今でも忘れられないし、胸が高鳴る。久しぶりにこんなに気持ちのいい構われ方してso happy。同行者にめちゃくちゃ驚かれた上に一緒に喜んでくれたのでハッピー(頭悪い)

 

<My life>

英字新聞が貼り詰められたホワイトボードにスプレーで「My life」って書く。多分めちゃくちゃ書き方こだわってた。オーラスはlastも付け足してくれるサービス。

 

曲はthe 菊池風磨。なので(?)私は好みじゃない方の曲()shot of tequilaなんてとっても粋な演出~~~~~!!

振りはめちゃくちゃ好きです。Yeah Yeah Yeah〜でめちゃくちゃ一緒に踊ったー!

 

<Mermaid>

この曲すき~~~~蘇る夏~~~ポニキャさんサマパラ円盤はまだですかーー!

 

聡ちゃんにはこの路線の歌歌って欲しいーーゴリゴリにカッコつけるのはちょっと違うと思うんだ~~(誰)

 

演出はスクリーンとの掛け合いって感じ。初見は「聡ちゃんこんなこともできるようになったんだ…」ってびっくりした。

ココナッツを蹴るところとか、すきって砂浜に書いて消えちゃうとか太陽と押し合いとか、ちゃんと絵になってた~~~!!

指でM作る振りもMermaidは全体的に可愛い。

♪僕の手を取って〜って手を引き寄せて頑張って歌う姿を、おばさん涙がちょちょ切れちゃう。

 

<Kiss you good bye>

帝劇み~~~!アリーナツアーにホルン持ち込むのしょりくんくらいしか出来ないから!?!?

ブラスバンドを引っさげて、真ん中でホルン奏でるしょりくんはやっぱり顔面国宝。

ホルン吹いたあとの♪シュビドゥドゥビドゥ〜は違う意味キュヒってたから可愛い。

 

 

 

まさかのMC突入前に5000字超えたから次に持ち越しますね………感想ありすぎかよォ………

 

ARASHI live tour 2017-2018 「untitled」④

まさか④まで行くとは思わなかったんだ…………

すでにこれを書き始めた今、untitledが終演してから2ヶ月経ってる………早く円盤くれぇ………

 

<Song for you>

またアノ大型スクリーンが現れて、イントロが流れ始める。スクリーンには夕暮れ?夜?みたいな空が映し出されて、銀河鉄道999的な列車が3本?4本走り出す。

この時点で、あれここは某夢の国かな??はたまた帝国劇場?みたいな異空間に連れ出される。

イントロが終わるとスライドでさとしが出てきて、あの綺麗な歌声で歌い始める。鳥肌ぶわーーってなるやつですこれ。

間奏ではさとしが1人で踊るんだけど、これ智担得でしかない。あのおっきなスクリーンをバックにドームで1人で歌って踊ってるんだよ????ソロ曲じゃないんだよ????

途中でにのあいちゃんがスライドアップで出てきて、さとしのバックに2人が踊る(必然的になるにのあいシンメ胸アツ案件)。その後さとしとにのあいちゃんが向き合いながら後ろ向きで歩いてさとしは捌けると、にのあいちゃんのターン。

残念ながらにのあいちゃんは一塁側で歌うため、ほとんどJrで隠れてみえなかった悲しみ。

たしかにのあいちゃんがJrの手で隠されたり、歩きながらJrがしゃがむとにのあいちゃんが立って、にのあいちゃんがしゃがむとJrが立ってみたいなアレだったと思う(記憶力の薄れ)

でもとりあえずステージ上でにのあい2人だけが歌ってる世界が2回も見られるuntitledツアーにのあいちゃん好きに優しい世界(拝)

にのあいちゃんがこの、第2パートを歌ってるの胸アツよね、Jr時代から共に過ごしたふたりがデビュー当時を彷彿とさせるパートを歌ってるの激エモ案件。

 

曲調が変わって、第3パートに入ると翔潤がスライドアップで三塁側に出てくる。そうすると一塁ににのあい、三塁に翔潤の構図ができる、ここ私の大好物なやつ。ペンラの色も一塁が黄色と緑、三塁が赤と紫になるから私の好み捉えてるありがとう。黄色と緑&赤と紫って会場が染まるのむちゃくちゃ相性良すぎてたまげた。(さとし云々の話じゃないから許して)

第3パートの歌が始まる直前でにのあいちゃんはステージの階段を駆け下りていくんだけど、真顔で、でも駆け足で降りてくの大好きでした(?)

 

第3パートもJrと翔潤って感じ。

♪新しいページを開いていこう で潤ちゃんが翔ちゃんの肩に手を置いて。♪繋いでいこうよ信じるままにままに で翔潤が握手するの激エモくない??このパートを翔潤が歌ってることだけでもしんどい案件なのに、翔潤が新しいページ開いて信じるままに繋いでいくんだよ????(?????)

 

 

私は第3パートの♪出会うべくして出会い 感じるべくして感じた〜の歌詞がとても大好きです。(急に)

 

第4パートの直前ににのあいさとしがスライドアップで出てくる。この時5人はメンステのステージに等間隔で1人ずつ立ってる。

♪忘れないいつもyou are my soul〜でA・RA・SHI振りやるのずるい(頭抱えながら一緒にやる)

その後から嵐&Jrが踊り始める。基本JAZZベース。第5パートに入る前の間奏で結構ガッツリ踊ってる、そのまま第5パートの直前でJrが捌けて、ステージには嵐5人だけになる。

 

第5パートは聴かせるがメイン。

翔ちゃんの♪途切れずに誰も離れずに〜ってむちゃくちゃいいパートで、ここを翔ちゃんは4人を見ながらちょっと指さしつつ歌う(エモい)なのに音を外す()

 

第5パートあたりはモニターがついてないんだけど、さとしの♪やさしく背中を押す〜でモニターが映し出され始める。(なんの映像流れてたかは曖昧)

♪uh〜this song for you〜ここで、モニターに「this song for you」の文字が映し出される。

すると嵐の挨拶がはじまる。

♪ウウウウウ〜ってハモりをバックに挨拶。

二宮<皆様の思いが僕達に。僕達の思いが皆様に。本日はどうもありがとうございました。

ってちょっとハニカミながら挨拶するの、しんどい。ここの挨拶は言葉尻は変わるけど基本毎公演同じ挨拶。

 

挨拶が終わると第6パートに。♪あーりがとうきみといて〜で1番盛り上がるところで、例のあの巨大スクリーンに5等分で嵐5人が映し出されるんだけど、ここまでの一連の流れがずっと鳥肌立ちっぱなし。語彙力欠乏して文章じゃ絶対に伝わらないけど、本当に嵐って激エモしんどいofしんどい。

 

第6パートは本当にしんどい。ひたすらしんどい。♪連れていくよthis song for you〜って言われたら付いていくしかないし、嵐さんにずっと付いてくから(><)(><)ってチョロオタ発揮してた(アホ)いやでも割とネタじゃなくて、本当にそう思わせてくれる、そう思う、付いていくって思える演出だった。割とガチで涙チョチョギレた。最高。

 

アウトロはまたイントロの時の列車がまた新しい旅に出発するって感じの、映像がまたずるいのよ。

 

<「未完」>

Song for youで終わりかと思うじゃん。これからも付いてきてね。って優しく誘われて終わりだと思うじゃん。

嵐は違うの。ここで怒涛の「未完」。これで完成じゃないぜ、まだまだ上を狙うぜって言う曲をここに持ってくるのずるすぎない?????

 

イントロが始まると、Song for youのかっちりとした衣装を少しアレンジし始める。って言ってもにのちゃんは蝶ネクタイを取って、ワイシャツのボタンを取るだけなんだけど。この取った蝶ネクタイは奈落にポイポイしてました。

いやでもこの蝶ネクタイ取ってボタン取る仕草がむちゃくちゃどエロくて惚れた堕ちた。軽率にあれを見たらあかんやつ。

 

フォーメーションはMステと一緒。翔ちゃんのラップは横一列になって歌ってました、別世界には行っていません(?)

にのちゃんのフェイクでは特攻バンバン飛びます、おかげでかっこいいお顔が拝見できず(私が特攻に毎回ビビる&白煙で見えない)残念。

 

それにいても嵐にDo you wanna ride?って問われたら首を縦に降るしかなくない????どこまでも乗せていってください、どこまでもついて行きます(頭抱)

Do you wanna ride?ってアウトロが終わるとそのままスンッと嵐が消える。初日、本編終わり?事故?嵐どこ?状態に会場全体が陥り、「あ……(キョロキョロ)あ……あら……あらし〜」って感じで探り探りアンコール始まったの爆笑でした。東京あたりからちゃんとスクリーンにツアータイトルが表示されてわかりやすくなってたのも笑った(爆)

 

 

〇アンコール

<ワイルドアットハート>

ワイハーーーー!!やりがちなやつーーー!!!好きだよワイハーーーー!!

 

あのイントロが流れてくるとトロッコに乗った嵐登場!!ありがち!!もはやアンコール曲と化してるよ!

胸のところに今回のツアータイトル、untitledを文字って「un」ってでっかく書いてある衣装を着て出てくる。

 

大野松本と櫻井二宮相葉で分かれて、たぶんトロッコの上で何かしらやってたと思うんだけど、当然のごとく忘れた。(悲しみ)

 

<サクラ咲ケ>

ハイハイきたきたーーー!!とりあえず腕ブンブン振るやつだよね、楽しいよね!!

翔ちゃんのラップの歩を!/ 陰と陽!/ ウォッオー!!!/って全力でやるよね。

嵐が腕ブンブンしながらトロッコではしゃいでるの見るの大好き芸人だから、サクラ咲ケはやめられないよね!!(とは)

アウトロで嵐と一緒にジャンプするのも楽しいよね!!!

 

たしかにのちゃんがトロッコの上で両手で手を振りながら前へ走って後ろ走してみたいに右往左往してたのが激カワだったので是非とも映像化を。

 

<彼方へ>

うそ!!!!ここで!!!!てかまだアルバム曲残ってた!!!!!

 

サクラ咲ケが終わると会場が1回暗転して、彼方へのイントロとともにトロッコだけが光る。むちゃくちゃ綺麗なのこれが。

潤ちゃんのソロが始まると、トロッコが動き始める。

ロッコ降りてメンステに移動する。特に振り付けとかなくて、基本お手振り曲。これも生歌なんだけど、にのちゃんのソロにはハラハラさせられましたが割と相性はいいみたいで最後の最後頑張ってたえらいえらい(モンペ)

♪鳴り止まないMusic〜ってにのちゃんがカウントに合わせて、リズムとるのが大好きでした。

大サビの♪そうだろ 今日のストーリーのタイミングで銀テ飛ぶなんて天才すぎる演出~~~~

銀テ取れる取れない云々の話じゃなくて、銀テが飛ぶあの瞬間と銀テがヒラヒラ飛んでる中に見える嵐が大好き芸人なので(コア)、今だに間奏からの大サビの高揚感が忘れられない~~~

今年は銀テ競走に参加すらさせてもらえなかったからそんな嵐を見れて最高でした~~~

 

ラストのにのちゃんから始まる一人一人のソロ、この時横一列に並んでるんだけど、例えばにのちゃんがソロ歌う時はほかの4人がにのちゃんの方に体を向けたり、指を指したり、手をキラキラさせてたり、って言うのをそれぞれのソロパートで4人がやってて、めちゃくちゃ嵐だな~~って思って。(語彙力の欠乏)

札幌ではなかったんだけど、東京からそこの一連が追加されてて、お互いがお互いのソロパートを輝かせるって嵐の真骨頂だなーと思ってとっても胸が熱くなりました。

なにより嵐がその瞬間とっても楽しそうだったからこっちまで胸アツにならざるを得ない~~~~

 

 

そこから彼方への演奏が流れて、いつものバイバーーーイ!!ってするやつ。

Jrとバンドに拍手して、「俺たちの名前はなんだッせーの \あらしーーー/」ってするいつもの流れ。

今回も翔ちゃんは一人一人の急いでステージの階段を駆け上がって勢いよくディスコスターバイバイしてました。大好きね、本当に。その後ご本家相葉くんがディスコスターウォークを始めて、にのちゃん大爆笑してました。かわいい。

今回捌ける時ステージが下に下がって嵐が居なくなるって演出なんだけど、毎回潤ちゃんのピースが最後に抜かれて終わるって言うのがデフォで、それはそれでむちゃくちゃかわいい。最後の方の公演はさとしがそれに対抗して、頑張ってずっとピースして抜かれようとするんだけど、ギリギリのところで結局潤ちゃんが抜かれてさとしが負けるって言う本当にしょーーもない事してて、めちゃくちゃ嵐でした(????)

 

<カンパイソング>

これで終わりじゃないよね!!!知ってたよ!!!これをツアーの楽しみにしてた感むちゃくちゃある!!!!

 

一旦ステージから捌けると、既にカンパイソングのイントロというか口笛みたいな演奏が流れてる。

大元のステージが下がると、そこには嵐が寝てる。

松本相葉は座って2人で頭を肩に寄せあいながら、翔ちゃんはorzみたいな体勢、大宮ちゃんは毎回違かったけど、最後の方はピースの余韻を残したさとし。

ゆったりとしたイントロが終わると嵐が急いで起きて、ステージ前方に置いてある今回のペンライトを取りにダッシュ、♪カンパーイに合わせて、会場みんなで乾杯。もう既に楽しい。

 

相葉くん<「じゃあビールの人!」

*1<はぁぁぁぁい!!!

の威力ハンパねぇ。噂によると会場の外まではぁぁぁい!の声聞こえていたらしい。

私も全力でやりました、ものごつ楽しい。

\発酵!発酵!/とかもめっちゃくちゃ楽しい。サビの追いかけるところも全力でした楽しい。

珍しく1回だけ1塁に入った時、にのちゃん基本一塁で乾杯してるんだけど、♪皆さんご一緒に!がむちゃくちゃ可愛くて、私は毎回こんな可愛いにのちゃんを見逃していたと思うと………(死)

にのちゃんは基本ぴょこぴょこ飛んでます可愛いです。

一塁と三塁にいるにのちゃんと潤ちゃんがどこかしらの「かんぱーーい」のタイミングで時には勢いよく走りながら、時にはジリジリと詰め寄って最後に勢いよくペンラ乾杯させてるのむちゃくちゃ好き。

 

Cメロの

相葉<楽しんでるー?

\はーい!/

相葉<盛り上がってる?

\はーい!/

櫻井<まだまだ行けるー?

\はーい!/

二宮<あ、もうこんな時間

\ホントだ/

大野<終電ですね

\あーあ/

大野<そろそろ帰りますか

\えー/

松本<もう少し飲んじゃう〜?

\ィェーィ/

を忠実に再現するのたのしすぎたーー!ホントだとかオタク楽しすぎかよーーー!!

間奏もずっと飛び跳ねてたし、\おやすみなさい!/ \どうぞいらっしゃーい/したあと、相葉くんに「はしゃいでOK」されたらはしゃぐしかなくない?????

この曲で最後なの分かってるからバイバイするのとっても悲しいけど、翔ちゃんにご唱和くださいって言われたら強制的にバイバイするしかなくない????あんな笑顔で嵐にバイバイするの初めてすぎるぐらいむちゃくちゃ笑顔でした(怖い)

翔ちゃんの「お手を拝借(ファイトソング)」に続き「ご唱和ください」は大好きすぎる~~~。

 

初日はバイバイの仕方が迷宮入りして、おかわりカンパイがあったんだけど翌日即消えてました。初日の締め方分からない嵐とスタッフとオタクがむちゃくちゃ面白かった。

おかわりカンパイのおかげで2回もバイバイさせてもらいました、ありがとう初日。

 

嵐と何回も乾杯できて笑顔でバイバイできるカンパイソング最高すぎる(頭抱)

嵐の○○ソングむちゃくちゃ大好きだし、一切ハズレ無しだから嵐ってしんどい。ライブの楽しさ分かってる嵐最高~~~!!!

 

〇ダブルアンコール

<感謝カンゲキ雨嵐>

オーラスだけありました。この日99.9の初回放送日だったので、Find the answerあるかなーとか思ったけど安定の感謝でした。

たしか挨拶もあったと思う、忘れたけど(爆)

感謝は花道グルッとして、安定のワンハーフでした(ワンハーフは身内内でのネタ)

 

 

 

これにて私の「untitled」終了です。(長い)

まさかこんなに書くと思わなかったし、思い入れのある曲が多すぎた今回。ツアーのコンセプトと言うか、構成がやっぱりさすがだなーと思わされたし、さすが潤ちゃんが12時間かけて作り上げたセットリストだなーと本当に潤ちゃんに感謝するしかない。

 

今回、素敵な素敵なご縁があって、今年も相葉くんのお誕生日公演入ることができました。諦めないって素敵よね。

嵐は制御すれば同色のペンライトが一面に広がることなんて容易なことなのに、始まる前、キャストスタッフ含めた気合の入った円陣の声が聞こえると、会場の全員がペンライトを手動で緑にしたあの光景。東京ドームにグリーンオーシャンが広がったあの光景がとっても素敵でした。

あの景色を見た相葉くんのお顔が忘れられないし、greenlightで相葉くんの歌いだして、聞いたこともないあの大歓声、本当に本当に素敵な公演。相葉担ではないけど、素敵すぎた。

 

 

ツアーが終了してだいぶ経つけど、やっぱり今回生歌が多かった印象。今まで生歌口パク気にしたことがなかったんだけど、今回生歌だーって思う箇所が多かったってことはたぶん大半が生歌だったんだろうし、裏を返せば今まで口パクが多かったのね。

たぶん今までアルバム曲は口パクが多かったのかな?今回ほとんど歌ってて、精度もそれなりに上げてきてる上に、このぐらいのキャリアを上げてきてなお生歌曲を増やす嵐ってまだまだ王者の席を譲る気はねぇ!って感じがしてもう付いていくしかないじゃん。

 

にのちゃんの生歌はハラハラしかしないけど、生歌はいいよねー!今回1番驚いたのは相葉くんの歌の安定感。歌うCD音源とへまさに相葉くんのことだなと。さとしは上手いのみんな知ってるし、当然だし、当然のごとく歌うCD音源なんだけど、相葉くんの安定感は惚れるしかなかった。努力の人だなぁ、誰かさんにも見習って欲しい()

 

 

周りが結構嵐を降りてる人が多いけど、こんなツアー見せられたら私は一向に降りられそうにないし、今年も嵐の好き度増し増しでツアーを終えたのでまた素敵な景色を期待したいと思います!!

 

今年も素敵で楽しい時間をありがとう♡♡

 

 

*1:会場

ARASHI live tour 2017-2018 「untitled」③

後半戦突入します、やっとこ。

思い出多すぎかよ~~~~楽しかったなぁ~~~~

 

〇アクセントダンス

BreathlessやZero-G、PARADOXがアレンジされた中で、光と連動したアクセントダンス。これがもっのすごい。惚れないわけない。

嵐が光を蹴りあげると光が客席に弧を描く。エンターテインメントでしたわ(語彙力)

しかもスポットライトがまるでなくて、あるのはメンステのステージ上から放つライトのみ。下からあらしを照らし出す演出大好物すぎて泣いた。

 

<Sugar>

はいきた、みんな大好きSugarのお時間だよ!!!!!!イントロ聞いただけで卒倒できるよね!!!!かっこいい無理好き!!!!!

 

曲だけでもかっこいいのに演出までかっこいいからちょっとこの曲おかしい。今だなおSugar中毒発症してる(頭抱)

床のライトがイントロに合わせてリズムを刻むところから好きしかない。

相葉くんのフェイクから始まって、腰振り多めのちょっとセクシーな振り付け。

そしてにのちゃんの♪there's nothing I can do〜の表情の儚さとエロさを掛け合わせたみたいなやつずるい~~~!!!心臓止まった~~~~!!!

床がライトになってるからしたからあらしが照らされるんだけどそれがバツグンにいい演出してる!!!!振り付け大好き!!!!

♪Fall into your trap〜からの振り付けとかむちゃくちゃ好き!!!!

あとは、センステの周りにカメラが置くことで360°カメラみたいになっててアングルがどんどん変わっていく。2番の潤ちゃんパートの♪形あるものはもういらないって〜で潤ちゃんがカメラを指さしながら、アングルがくるくる変わっていくところ大好き~~~!!!

 

♪ただボクを見つめて〜からサビに向かうカメラワークが最高。説明出来ないくらい最高なんです~~~!!!

 

 

あとはさ、言わずもがなですよね………

Sugarと言ったら忘れちゃいけないよね。

 

櫻井翔

♪so gimme one more kiss

 

………死んだ()()()

みんな大好きだよね!?!?!?

札幌のころは前パートでにのちゃんが歌ってるのに急にカメラの前陣取って準備し始めるから「いやいや、準備早すぎだから!」って同行者と突っ込んでるだけだったの!!!なんなら準備の早い櫻井翔が見どころだったの!!!

それは名古屋公演の時でした。今日もくるくる準備が早い櫻井翔!って思って、待ち構えてたわけです。そしたら、むちゃくちゃカメラに近づいて、あのカッコイイお顔で投げキス&ウィンク…………………………

死…………(※二宮担です)

 

心臓鷲掴みにされて、しばらく放心しました(爆)今思えばむちゃくちゃ面白いんだけど、今でもあれ思い出すと心臓止まる~~~~!!!

櫻井翔ってカッコイイ!!!!知ってた!!!!あれは惚れるしかないやつ!!!

それからはにのちゃんのパートをほっぽいて、翔ちゃんをロックオンしてました(?)

 

<NOW or NEVER>

PVではあんなに踊ってるのに!!!!!

まさかの花道おさんぽ曲になるなんて誰が思いました!?!?!?

パズドラ大好き二宮くんがセンターになるべくして作られた曲、振り付けなのに!?!?!?

 

うーううう↑う〜っていうイントロから曲調が変わるところで頭を振るにのちゃんが最高ににのちゃんでした(?)

上手櫻井相葉松本、下手に大野二宮が分かれて、途中からJrが嵐のメンバーカラーのTシャツを来て出てくる。

サビでは嵐の後ろを追いかけるJrが手だけで振りをやるっていう勿体なさ()

間奏ではあらしとJrが横一列になって踊るやつがあらしって感じ(語彙力)間奏が終わってJrが5列に並んで後からあらしが前に歩いてくるんだけど、そこでJrが手をパタパタさせててジワった。

ナウエバの1番の見どころは♪大事な叫びが聞こえてくるだろ〜でにのあいちゃんが背中合わせで歌ってるところかな(シンメ厨にありがちなやた)

 

○語り

ここの語りは今までと違って、どちらかと言うと暗め。Prayに繋げるための語りなんだろうけど、別れみたいなのがテーマになってそう。

にのちゃんの「もっと出来ることがあったのかも…」と翔ちゃんの「今もまだ」の声がとても大好きでした。

 

<Pray>

あのI'll be thereで感動を呼んだ大スクリーンが今度は冬の街の壁面を作り出して、プロジェクトマッピングになってた。

基本的ににのちゃんのお声とこの歌の音程が合わないらしく、いつも音を外されるのでハラハラドキドキでした(爆)あ、でもオーラスは割と音がハマってたんだよなぁ

あとずっとあらしがステージをうろちょろしてる。にのちゃん下手から出てきて、わざわざ1回上手までいって、下手に戻ってからリフターに乗るっていうのが面白すぎて、あの導線どうした?(笑)

リフターがたぶん手すり1本しかついてなくて、翔ちゃんが絶対に手すりから手を離さないのもすごい面白かったなぁ

3塁側しか入らなかったから、リフターに乗ると相葉くんが毎回見えなくてそれはそれで悲しさでした()

The 冬!!って感じの歌に演出。ペンライトも全員が付けるんじゃなくてポツポツライトが付くっていう制御もすごい雰囲気に合ってたなぁ。

 

<光>

イントロとともに、ステージの下手から客席一塁側に光が差し込むっていう演出が曲の世界観とぴったりで、さすが過ぎて度肝抜かれた。さっきも言ったけど、私今回呪われたように三塁側しか入ってないんだけど、一塁側眩しいだろうなって見てた(爆)

客席はペンライトが全部消えて、本当に光が差し込んでる感じがよかった。

 

2番になるとリフターから降りてきて、サビの振りが可愛くて、いつも一緒に踊ってたんだけど、ああいうわかりやすい振り付け増やしてください(懇願)

cメロで潤ちゃんソロパートの前にクルってターンするの、あれ可愛いすぎません????

そこからの翔ちゃんのラップ、後ろでにのあい、相葉大野、大野松本、翔潤で2人で踊っていくところがあるんだけどら相葉くんとさとしがお尻をごっつんこさせたり、翔潤がハイタッチしたり可愛さ最高。

大サビでは牧師さん風の衣装を来たJrがいっぱい出てきて、スクリーンにはステンドガラスが映し出されて、ゴスペル感がすごくて、世界観の作り込みがすごい。

 

光も生歌だったんだけど、なんとにのちゃんが全然音を外さなくて相性がいい曲最高(ちょろい)

 

<君のために僕がいる>

光からのチェケラッは意外すぎ~~~~!!!!

にのちゃんが安定でJrに絡むんだけど、どっかの公演でJr5人くらいを一人一人殴り飛ばして行って、最後の1人を殴るんだけど全然倒れてくれなくて、そしたらJrの子がかめはめ波してにのちゃんが吹っ飛ばされる芸してて安定のかわいさ🤦‍♀️

そこからアリトロに乗って移動~~~

今回スタンド攻めきったオタクとしてはアリトロ闇すぎた抹消しよアリトロ(自分優先スタイル)

 

<PIKA☆NCHI double>

みんなが大好きピカダブ~~~~~~!!!

嫌いな人いないやつ~~~~~!!

あらしおじさん絶賛アリトロ移動中なのでガッツリ踊りまくりました。

アリトロ消滅しろ~~~~(n度目)

 

<ハダシの未来>

毎回毎回謎ににのちゃんのリフター近くに入れるからありがたい(拝)

ハダシは自担と手を挙げてくスタイルみんなやるじゃん?????あれが楽しいじゃん????

今回いつもと手を挙げる順番が違くて、いつも最後ににのちゃん手を挙げるのに今回2番目だった(記憶が確かなら)から惑わされました、みんなも惑わされたよね?????(?????)

 

ハダシの途中でJr紹介があるんだけど、にのちゃんか翔ちゃんがリフターに乗る自分じゃなくて、Jr見て!って指差してた気がする…………いや、気がするだけかもしれない…………

私は言わずもがなにのちゃんガン見してましたけど。

 

<Believe>

イントロが好き!!!!!!

正直踊ってほしかったけど、安定のアリトロ移動曲。でも!!!でも!!!アウトロ踊ってくれたから好き許す!!!!!

記憶薄れててアレだけど、たぶんリフターから降りるタイミングで上着羽織ってた気がするなぁー。

そのほかの記憶消え去ってて悲しみ。

 

<Monster>

秒針のチチチチって音が聞こえたらMonsterか迷宮2択説あるよね!?!?!?

今回はバクステでMonsterでした。炎バンバンでした、Monsterと言えば炎だよね!!!!

途中、たぶん名古屋くらいから潤ちゃんの女豹が無くなってて物足りなさがすごくて。

でもMonsterフルフル踊ってくれたので嬉しみがすごい。7年たったMonsterはいいぞー、大人になったMonsterいいぞー。

 

<A・RA・SHI>

テキソウソウ!!!スーパーボーイ ウィーアークール!

A・RA・SHIのレスポンスは安定すぎるから好き!!!

ここで、12/1のMCで話したあのくだりが来るわけですよ…………オタクがサビ後のラップを熱唱する例のアレです………

 

むちゃくちゃ楽しい(知ってた)

 

翔<♪今日もテレビで…………(会場にマイク向ける)

オタク<………ちゃってる、悲惨な時代だって~~~

みたいなの楽しすぎた。こうやって新しいレスポンスが生まれてくんですね、たのすぅい~~~

 

ムビステに乗ってバクステからメンステに移動、あらしあらしふぉーどりーむ〜して、5人の綺麗なuh〜聞いて、あらしが捌けていく。

 

 

これが序章なわけです。ここから始まるのです、感動のフィナーレ。

それは次の回に持ち越します。(文字数がキツい)

 

 

ARASHI live tour 2017-2018 「untitled」②

続きです。

 

〇語り

あらしの声って癒されますよね(ちょろみ)

ここのターンの語りが1番好きでした、心地よかった。

翔ちゃんの「夢を見たんだ。君の夢を。」って声が劇的にイケメンで惚れましたありがとう!!!!

 

〇マリオネットダンス(智ソロ)

スクリーンとの掛け合いみたいなのを智が1人で踊ります。

これ智担だったらむちゃくちゃ惚れるよね、あれのためにお金払うよね(????)

糸が引っ張られて、膝を付いてた智が立ち上がるんだけど、あれ、体幹どうなってんの?????超人的。

知ってたけど踊りがしなやかで見惚れるね、かっこいいよ智!(煽る)

 

<つなぐ>

かっこいい、圧倒的にかっこいい。

まず衣装が素晴らしい。黒いロングコートに処々金の刺繍が入ってるの痺れるよね。

♪楽園を夢見た〜ってところでターンすると、衣装が広がってむちゃくちゃ綺麗だったなぁ。あれ、1曲しか使わなかったのもったいない。

あと、言わずもがな顔がいい。つなぐ歌ってる時のにのちゃんのお顔いつ見ても険しくていい。

振付も大好き芸人なので一緒に踊ってましたがにのちゃん贔屓でごめんね!!

 

<抱擁> 

つなぐがおわって、アクセント音だけが響き、黒いロングコートの衣装を脱ぐ。と、中にはテロっテロのカラーシャツ。程よくテロテロで色っぽい最高!

札幌では淡いブルーのテロテロだったのに、東京では濃いブルーよテロテロにオシャレなストールが加わってました!何があったの!

あらしが衣装を脱いでジャンプすると曲が始まる。(好き)

にのちゃんと潤ちゃんが下手側に移動して、♪目で追うファインダーで、にのちゃんが後ろ向きで背中合わせになって、にのちゃんのパートになると前後が入れ替わるっていう、アレ好きです。

基本歩いてメンステ動き回って、サビで軽く踊るみたいな低燃費型エンターテイメントでした(??)でも振付が大好きなやつだったので最高でした!

come&diveで人差し指を下に落とす振りかっこいい。

札幌初日、二日目はフルで歌ってたけど三日目から消え去ってたらしい()♪肩を引き寄せて〜のにのちゃんソロ聴けたのはラッキーでしたありがとう(拝)

 

<お気に召すまま>

待って、好き。(唐突)

思わぬカップリングをライブでやってくれた時の高まりってしんどいものない???あるよね???(強制)

そもそもお気に召すままって今年のカップリング大賞ナンバーワン曲だったからテンション上がりまくりでした、私が。

イントロのキラキラ感がたまらないつらい(頭抱える) 

大宮ちゃんと櫻井相葉松本チームに分かれて花道を歩くんだけど、大宮ちゃんはさとしのファンサを邪魔するにのちゃん芸が大宮ちゃんで最高に可愛いよね知ってた。にのちゃん邪魔するから♪たった二人から〜って最高に大好きなパートを笑っちゃうっていう悲しさ。可愛いから許す。

相葉松本櫻井って並びで花道歩くんだけど、翔ちゃんパートで潤ちゃんが櫻井翔を指さして向き合って歌うっていうスペシャルタイムが存在してました。翔潤沸点は低めに設定中です。

 

この曲のファルセットつて気持ちいいよね、あらしのファルセットって気持ちいいよね(チョロオタ) 

♪very good!Hit 'n' go!の振りがかわいい

Cメロのにのちゃんの♪uh~~~で始まるハミングも気持ちいいし、にのちゃん翔ちゃんのかけあいも最高だし何より相葉くんがしゃがんでカメラ目線で♪会いたいと言えばいいって囁くの控えめにいってしんどいofしんどい

 

ラストサビでは5人がセンステに集まって横一列になって右往左往うごくんだけど、嵐って感じで5人でぎゅっとしてるの最高だよね、オタクみんな好きだよね。肩組んで前進んだり後に下がったり……好き…………

 

<Bittersweet>

お気に召すままのキラキラ感を引き継ぐビタスイ繋ぎが最高!!!!!

基本アリトロお手振り曲なので、今回アリーナに入れなかった私は遠い目で見させて頂きました(???)

イントロで翔にのあいは3人で手をパタパタさせてました、3人が楽しそうだからなんでもいいんです🤦‍♀️

お手振り曲だけとさとしと潤ちゃんが♪ただ君だけを見つめてた〜で振りをやってくれたので軽率に沸きました(ちょろさ)

 

アリトロ乗ってバクステへ。翔ちゃんは1人ムビステ乗ってバクステに行くって言うデジの時のワンステップと同じ芸してましたありがとう!!!(???) 

 

<GUTS!>

 ここに来てGUTS!は予想外すぎ。

さとし潤と翔にのあいに分かれてバクステで分かれるんだけど、さとし潤コンビは昨年あゆはぴでもやってた潤 ルアーを投げる→魚を釣る 

さとし 魚を捕まえる→魚を捌く→寿司を握る→潤ちゃんに食べさせる 芸をしてました可愛さ最高。

翔にのあいはなにしてたか忘れました、今回私90%くらいの確率で三塁しか入ってないのでサビ前まで視界はさとし潤でしたごめんなさい。

 

サビはGUTS!の振りをさとし潤はニコイチで(可愛い)、翔にのあいは3人でにのあいが間に挟まれて振りにあわせて頭を揺らしてました(かわいい)。
♪喜びへと舵をとれ〜では翔ちゃん相葉で打ったエア球を3人で見送ってました(可愛い)

GUTS!ってこんなに可愛いが詰まってる曲でしたっけ??????

Cメロのにのちゃんサビはこれまでに比べたら歌が安定してた(気がする)。

大サビはuntitledバージョン(札幌MC談)でボーリングになっていました。untitledバージョンを考えようと5人が話し合い、テニスや卓球案が出たがボーリングな落ち着いたらしい(あらしってかわいい)

送風機で手を乾かす振りから始まり、ボーリングを投げてストライクを取りガッツポーズをして5人でハイタッチするところまでが1つで、まるっとかわいい。

ハイタッチは翔潤が必ず一番にハイタッチしたり、磁石さんたちは人の邪魔にならないように屈んでメンバーの間でハイタッチしてるし、にのあいちゃんはタイミングあわせて勢いよくジャンプしながらハイタッチするっていうアレ。エモさあるよね(伝わって)

 

え、待って。GUTS!でこの分量レポするつもり無さすぎた(頭抱)

 

<Doors~勇気の軌跡~>

にのちゃんのフェイク最高、生歌なのが最高、あんなにいつも音を外すにのちゃんが割と相性がいいらしく安定したフェイクで最高。

 

バクステからムビステでメンステに戻りながら歌う。

Doorsってシングルカットなのに良曲だよね。

大サビ前の翔ちゃんソロが割と音外れててハラハラした、翔ちゃんのドラマ主題歌なのに相性はよくないらしい()

 

全体的な印象の薄さ泣いた()

 

〇MC

印象に残ったMCを抜粋して記憶に残していくスタイルでいきます(?)

・バズりnightでヤマンバメイクをした3人、後日おできという名の後遺症が残る

・MC中コソコソとUBでの間違いを指摘し合うにのあいちゃん

・和<翔潤ー!って盛り上がってましたよ

と急に爆弾を放り込むにのちゃん

・潤<大宮skもね出なきゃ

の振りに沸き立つ会場とあっさり断る大宮ちゃん

 

・UBの振りを付けてくれた先生とご飯を行くにも関わらず、お寿司は食べれないという理由で行かないにのちゃん

・それをやいのやいの言う相葉くん

・にのあいが居残り、紅白の話から、去年の採点は酷かったとクレームを言い始める(オタクがザワつく)

 

・ベスアで櫻井翔以外の4人は何をしていたか問題

・潤ちゃんは都内に戻って歯医者さん、ほか3人は高級なアップルパイを食べてた

・翔ちゃんへの差し入れは相葉くん家の中華

・乃木坂とのコラボで女の子がラップを歌うと可愛いと言う話

・からの急にオタクにやらせる無茶振り

・潤<歌詞なくてもいける!!!(強行ぶり)

・ラップ歌い終わるとめちゃくちゃ褒めてくれるあらし

・もし次やる機会あったら歌ってね、いつあるか分からないけど!と、セトリに入ってるにも関わらずやるとは言えずに頑張って濁すあらし(かわいい)

・居残りはお山

・さとしから、翔ちゃんがケーキを食べてなかったから明日は3つ食え!と苦情

 

・始まる前の男性の嵐コールが凄かったという話から、それを探し始める嵐

・結果男性四人組を見つけ出し、大盛り上がりするオジサン5人

 

・UBは面白くなると思ってたにのあいちゃん、

翔<二人が近くで踊ってるのがいいんだよね?ってオタクに問いかけ始める()

・夜の影末ズ密着の時間さとしは何してるのか問われ、智<俺は見てる

・リズムに乗りながら二人を見てるさとし(シュール)

 

・相葉くんバースデー

・MCが始まるとすでにドームがグリーンオーシャンに、

潤<俺は感動してる、君たちの意気込みに気づいたよ!

と早くも相葉くんバースデーが始まる

・誕生日が始まるとすぐさま相葉くんの隣をキープするにのちゃんの健気さ

・Happy Birthdayを歌う&ケーキ登場

・嵐5人で写真を撮り始める(たぶんライブ中って言うのを忘れかけてた5人)

・会報に載せたいからという理由でファンをバックに写真を撮る櫻井翔(グッジョブ)

・グリーンオーシャンに感動するメンバー達

・告知をするメンバーのカラーにペンライトを変えていくオタクと煽る嵐

 ・相葉くんのクリスマスプレゼントはバズりチームに自分たちのヤマンバのの格好した写真が

 プリントされたTシャツ

 

・翔<メリーーー

 おたく<クリスマァァース (楽しい)

・早速UBで相葉くんが間違えたことを開口一番に言い出すドヤ顔にのちゃん

・潤ちゃんの一人MC(じゃんけんでひとり負け)

・話しながらウロウロしちゃう潤ちゃん

・潤<俺が好きなのやるね。シーー

    ………メリィィークリスマァァァース(地声)

 

・今日でUBが最後だから組体操の一つ一つが終わった終わった…と思いながらやるにのちゃん

・最後だから思いっきりスタンド・バイ・ミーした相葉くん

・スタッフにとったアンケートで、Comebackのポップアップがかっこいいと評判だったため、ラストは思いっきり飛んだ翔潤

・このツアーでの翔ちゃんの一番の思い出

→初日のラストに捌けた先が行き止まりで相葉くんと潤ちゃんと迷子になる。にのちゃんはイヤモニから3人が挟まった!と情報を聞く。俺が先導すると潤ちゃん、松本隊長について行ったことで無事脱出できた櫻井相葉。

・カウコンで使った二宮お面をかぶって登場する翔ちゃん。それをにのちゃんに被せて二宮on二宮(?)

 

 

MCだけで書きたいこと多すぎた()楽しい最高かよ()()

やっとこ後半戦突入します~~~~