読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I still love with you

好きなものを好きなだけ

美恋魂のDVDを見た話

やっと、やっと見ました。美恋魂。
このDVDを見るための心の準備をするのに長い年月を費やしました。と、言ってもそもそも見る媒体がなかった、と言うのが正しいのですが。
先日やっと友人からDVDを貸してもらい見ることが出来ました。

私とNEWSの歴史を語ると長くなるので割愛しますが、端的に言うと私はデビュー当時から脱退したあの2人のファンでした。所謂6人厨とやらに分類されるでしょう。
だからこそ美恋魂が見れなかった。
いまは残してくれた4人に感謝しているもののやっぱり私が大好きだった頃のNEWSでないことの寂しさと2人の面影を追ってゆるーくゆるーく応援しています。

まぁそんな話はさておき、美恋魂。
最初に映し出されたのは、今か今かと彼らの登場を待つキラキラと目を輝かせたファンのみなさん。すごい輝いていました。早く会いたい、NEWSを残してくれてありがとう。
そんな想いが映像から伝わるような、そんな気がしました。

セットはいかにも王子様と言ったお城が建っていて、ライブでこんなセットありなんだ、、と驚きました。今でこそ定着しつつある王子様キャラも当時のわたしが見たらきっとNEWSはこんなキラキラ王子様じゃない……と嘆いていたでしょう。
NEWSが登場してくるシーン、泣き崩れる女の子たち。鳥肌が立ちました。私はあの場にいたらきっと泣き崩れていたんだろうなぁなんて思いながら。
涙を滲ませてしっかりと前を見るメンバー達に一瞬惹かれました。

セットリストはチャンカパーナから始まりNEWSニッポン。NEWSが戻ってきたよと、再出発だよと言わんばかりの流れ。
その後はシングルを中心にファンの人気の高い曲など今までのNEWSが沢山盛り込まれていました。
エンサマからのshareはずる過ぎるし、増田くん泣くし、挨拶の後にフルスイングなんてどうやったら泣かずに済みます??手越くん泣いたのに我慢なんてできませんよ??
増田くんや手越くん加藤くん小山くんの涙はきっと嬉しい涙なのかもしれないけど、少しぐらい後悔の涙であって欲しい、2人を想う涙であって欲しい、これが2人のファンであり6人厨の思う性なのです。

だからこそ、面影を追いかけてしまった。
増田くんが最後の挨拶で「6人の歌割を4人で歌うことが不安だった(ニュアンス)」みたいなことを言っていました。
私としてはやっぱり見ながら、「ああこのパートって、、、、」と思いながら見てしまう部分もありました。もう聞くことは出来ないのですね。

2人の面影を追いかけつつも、でもとても素敵な公演だとDVDを見ながら思いました。
時折ファンが映し出されて。映し出されたファンのみなさんの顔が本当に楽しそうで、挨拶ではメンバーと一緒に涙を共有していて、NEWSが本当に好きなんだなって、帰ってくるのを心待ちにしてたんだなって、すごい伝わってくるそんなDVDであったことは間違いありません。あんな挨拶、私だって泣きます泣きました。

最後の挨拶。
手越くんと小山くんが山下くんと錦戸くんの名前を出してくれました。
2人は敵なんかじゃなくて。それぞれが信じる道を行きそれぞれが幸せになれたらいいって。(意訳です)

それがすごい嬉しくて。
あの公演からもう4年が経とうとしている今、NEWSも山下くんも錦戸くんもそれぞれが沢山仕事が決まっていて、ファンがいて。きっとそれぞれがいま幸せなんじゃないか、あの時挨拶で言っていた事が嘘ではなくなっているのではないか、そう思えてなりません。

私はあの2人が脱退したことが正解だったとはいまだに言えません。言いたくないのかもしれないけど、けどそれぞれの信じる道でそれぞれが幸せな今があることになんの偽りもないことが嬉しいです。
いつか、どんな形であれ6人が共演できる日が、6人でこの話を笑い話にできる日が来ればいいなと願ってやみません。


最後にこのDVDを見て1番思ったこと。
NEWSのファンは本当に愛されているな、と。
色々辛いことがあったからこそ、何十倍も愛して愛されておるんだろうな。
だからこそ、私には踏み込めない世界だと思いました。




これからもNEWSの4人に幸あれ、、、、、、