読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I still love with you

好きなものを好きなだけ

栄光へとただマイペース

2015.1.25
今日は櫻井翔の誕生日。
おめでとう。ほんとにおめでとう。
私が嵐のファンになるきっかけをくれたきっと大丈夫。チャラチャラしててタオル巻いてハットかぶって、でもかっこよくて当時の翔さんはTHEジャニーズだった。
それなのに笑いのツボは浅くて、言葉遣いも荒くて、でも責任感はあってただひたすらに芸能界の波に攫われないように必死にもがいてる印象だった。

数年経って嵐が信じられないくらいの人の目に入るような国民的グループと呼ばれるになっていて、強がりで責任感が強くてプライドの塊で出来た翔さんは、当時のような姿を見ることは少なくなって、まるで鎧を付けて何かを守っていて、素を見せることが少なくなって、ライブを仕事とか言っちゃうし(まぁそうなんだけど)、たまに反抗的(?)な言動に出るし、顔にもすぐ出ちゃうし。
大人になったって言ったら簡単なのかもしれないけど、私はそれが本当の櫻井翔なんだと思っていて。
自分の意思を隠さないで、いやアイドルって少なからず隠さなきゃいけないものを持っていると思っているんだけど、その中で最大限の方法で自分の気持ちを、意思を、言葉を伝えようとしてる姿って本当にすごいな、って思うし、本当に尊敬出来るなって。

鎧を付けないと自分を守れないんだろうし、アイドルなんて虚像なのかもしれないけど、少なくとも翔さんは虚像なかでも素を見せてくれている人だと思っていて。
素を出してるが故にファンからの思わしくない反応にだって、正そうとする言動がある訳で。
「いや翔さん………それはさぁ………」って思うこともあるけど、それは翔さんじゃなきゃ出来ないんだろうな。かっこいいよね。

翔さんの言葉には思いがたくさん詰まっていて、自分の意志が、思ったことが誤解のないように伝える術を考えていて、だからこそ翔さんの創るリリックは心に残るものがあって。

私が今日の題名に選んだ「栄光へとただマイペース」って2008年のhip hop boogieの中にあるリリックで、この歌詞を2015年に行われたBLAST in 宮城でchapterⅡとして披露された時、この歌詞は変わっていなくて。
誰もが嵐はもうアイドルとして登りつめてるよねって思ってる最中、本人はまだまだ先を見据えていて。決して天狗になったりしないでまだまだ上を目指すその姿勢が、勢いがただただかっこよくて。

マイペースにだけどまだまだ先へ先へ。

アイドルって制限されるものが普通に暮らしてる人より多くて。きっと私なんかじゃ想像も付かないくらい辛くて苦しくて負けそうになるような道を通ってきていて、これからもその道に挑もうとしていて。
翔さんにとっての幸せって何?
って思うことがあるけど、翔さんが口を大きく開けて、手を叩いて、眉尻をさげて、大声で笑ってる姿見ると、翔さんが明日も明後日もその先も、ずっとずっと翔さんにとって幸せに溢れてることを願ってやみません。

これからも無理せず。
櫻井翔なりのペースで。

お誕生日おめでとう。
素敵な1年に。